真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

Artist Index 

 

帰国しました。福岡セッション再開です♪


アーティスト別目次

ABCDEFGHIJ | KLMNOP | QRSTU | VWXYZ | Variou Artist |
World / Traditional / New Age日本語 | クラシックSound Tracks


アイルランド音楽/フィドル/あれこれ




9月のセッション・ライヴスケジュール
※レプラコーンセッション日程変更となりました。9/23(Sat)19時からとなります




寄り抜き記事まとめ
長ーい記事をまとめてみました。


このブログの左の方にメールフォームがあります(気分次第で右にあることもあります)
アイリッシュやセッションに興味をお持ちの方、よろしければご連絡下さいませ。
お待ちしております♪



在りし日の光景(笑)。ここまで人多いことはめったにないですが楽しくやっておりますw
スポンサーサイト

category: Index

tb: 1   cm: 2

△top

アイルランド感想など ・セッション編 

 

fc2blog_20170713181815ef4.jpg

セッションによって出てくるチューンはいろいろと変わるのですが、今回は今までで一番チューンを演奏できたんじゃないかと思います(当たり前)。もちろん100%、なんてこたぁないんですがセッションによっては9割弾けるチューンだったりすることもありました。もちろん地蔵状態セッションもあったがな!
セッションで知らない・弾けないチューンが出てきたら聴いていればいい、というのも今回ようやく分かってきたかなぁという感じです。以前はセッション席に座っててずっと弾かないとかお客さんの目が気になることこの上なかったですが…w
そんなもんは気にせず、知らないチューンはリスナーとして最前列で楽しむのはなかなかオツなもんです。
一番めんどいのは中途半端に知ってるチューンが出てきた時ですw

今回、2年ぶりのアイルランド滞在だったのですが、今までこうだろうと思っていたことがいろいろと認識が変わりました。
そういったことも含めてとても楽しい滞在でした。自分が変化していくことを感じられて、それはとてもポジティヴな経験でした。

これからアイルランドに行ってセッションに参加してみたい!という方もいらっしゃるかと思います。私は最初に行った時にかなちゃんたちがいて、その時に色々知り合いができたのでゴールウェイのセッションは割と入りやすかったですが、初めての場所でセッションに入るのは勇気がいるだろうと思います。
実は、ブログ主も初めての場所のセッションに入るのは未だにけっこうチャレンジングな感じですw
セッションによってはメンバーが声をかけてくれることもあるので、気楽に待つのも大事かな?
もちろん自分から「入れてくれ」と言うのもアリだと思います。クローズドの場合はSorryと言われるでしょうけど、そんなにクローズドのセッションが多いわけではないので…w(Frankie Gavinのセッションなんかはクローズドでした)
マナーなんかは分かりにくいかもしれませんが、このブログからもリンクを貼っているYahooノートとかNAVERまとめなんかは参考になると思います。とりあえず最初はおっかなびっくりで弾く、くらいでちょうどいいかなぁ。
ちなみに観光客がギターやらスプーンズやら持ちこんで無茶苦茶やるのはかなりアレでした。まあ、ブログ主も最初の頃を考えると人のことは言えんのですけどね。。。
ブラックバードミュージックさんのフィークルキャンプなんかはメニューの一環としてセッションへの参加があるので、そちらを検討されるのもよいと思います。聴いてもよし、弾いてもよしという感じで素晴らしいセッションが楽しめると思います。

category: Session & Live

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

△top

アイルランド感想など ・入国編 

 

fc2blog_2017062018423161d.jpg

いろいろ思い出に浸りつつも福岡でセッション再開したりと、それなりに忙しく過ごしております。ああ、時差が…。


観光ガイドにはけっこう厳しいと書かれていつつも過去2回ブログ主は質問されたのは2点のみ。
ただ、周りにはちらほらとエライことになった知人もいるし、準備はちゃんとしとこうと。
んで、以前書いた通り今回は割と色々聞かれました。マンドリンTが盛大にやらかしてくれやがったのも書いた通りです。

1週間くらいの滞在ならともかくある程度長い期間滞在するならばしっかりと準備をしておくべきです。
必須としてはパスポート(当たり前)。有効期限が半年切ってるとアウトなこともあるようなので確認しておきましょう。
後はe-ticketの控え。多くの人は往復便を予約してくると思いますが、帰りの便がないと場合によっては問題視されることもあります。
その他、ブログ主はアイルランドで使う口座の残高証明(もちろん英語版)、クレジットカード付帯の海外旅行保険の証明滞在場所の住所、連絡先などを用意してました。
例えば滞在先が決まってないとそれだけで怪しまれます。現地で家を探す場合でも数日分だけでも宿は確保しておくべきでしょう。
残高も確認された知人がいます。
紙ベースで準備しておけばなんかあってもその紙を見せればよいし、何より気分的に堂々としてられるのでなるべく用意しておくことをお勧めします。
あと、見てくれを清潔にしておきましょうwフライト時間が長いので無精ひげがちょろっと生えたりは仕方ないですが。あまりにも金持ってなさそうだとそれはそれで疑われるみたいです。
ゴールウェイに旅行に来た女子大生(*´Д`)曰く、やっぱりイギリス・アイルランドは審査が厳しかったそうです。東欧は緩いらしいですがw
とにかく、入管で慌てて怪しまれないように準備はしっかりと!

ちなみにブログ主は帰りのボディチェックでフィドルが疑われてケースの中身を全部出されて金属探知機で念入りに調べられました。今まではこんなことはなかったです。つまり、それだけ入出国のチェックが厳しくなっているということです。
現在のところアイルランドでテロが起こったという情報はありませんが、隣のイギリスではテロが頻発しているのはご存じのとおりです。所謂ローン・ウルフ型テロというやつなので当局も炙り出しにやっきになっていることと思います。
テキトーに審査されて入国したはいいけどテロに巻き込まれる、とかシャレにならないので厳しい審査が行われていることを理解した上で協力することが結局はスムーズな入国に繋がると思います。
滞在経験が長い知人がいるなら、そういった人にアドヴァイスを求めるのも大事だと思います。

大枚はたいて入国できず、長時間のフライトで追い返されるとかあまりにもシャレになってないのでちゃんと準備しましょうね。

category: 旅行

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

福岡へ 

 

成田着。帰って来て早々セッションに行こうと思ってたのでこっからは分刻みの行動になります。
入国審査→トイレ→荷物ピックアップ→税関通過→スーツケースをゆうパックに持ち込み→京成スカイライナー乗車→山手線乗り換え。

なかなかスムーズに行きました。山手線への乗り換えを1分で終わらせた自分をほめてあげたいw

その後はセッション参加して、前回美味かった蕎麦屋へ。
IMG_5415.jpg
3ヶ月ぶりの日本食。ああ、そばととろろとつゆの織りなす芸術的なハーモニーが…。

食後はネカフェに行って宿泊。といってもAM5時前には出発するんですが(またかよ)。
疲れてたけど時差のせいか一睡もせずそのまま出発。
ジェットスターの便で福岡へと向かいます。

というわけでまたもや成田。バスに乗り遅れそうでちょっと焦ったw
カウンターではまだ来てないお客さんを呼ぶジェットスターのスタッフの姿が。
…こういう手間を省くのがLCCじゃなかったっけ?そんな連中ほっといて早く荷物預けさせてくれ、というのが正直な気持ち…w
アイルランドが誇る鬼畜LCC、ライアンエアーを見習うべきw
ブログ主の前にいた人は口を閉められない手提げバッグを預けようとしてさすがのスタッフも一瞬凍りついていた。LCCも大変やな。。。
そんなもん預けた日にゃ貨物室で中身全部ブチまけることくらい小学生でも分かると思うのだが。

海外に行く時とか、国内でもLCC使う時とか、そういう時はちゃんと下調べをしておくべきだと思います。昔ならともかく今はネットもあるんだし。正直、LCC使うのに時間すれすれにしか来ないとか変なもん預ける客とかに対応するコストを下げてこちらに還元してくれればいいのにと思います。ハッキリ言うけど、日本人はそういうところを甘えていると思う。
今は海外の日本人のマナーはいい、なんて言うけどそれは個人旅行客に限った話ですよ。団体で来る連中は正直アレですよマジで。中国人のマナーがとかドヤ顔で言ってる場合じゃない。

というわけで不機嫌極まりないブログ主、ジェットスター搭乗。
2時間ほどで福岡へ。特にトラブルもなく予定より少し早めに福岡到着。ライアンエアーならファンファーレ鳴ってたな…w
兄に迎えに来てもらって整骨院に連れて行ってもらって、そして念願のラーメン!

IMG_5416.jpg
コレですよコレ!
すっかり機嫌を直したブログ主、無事帰宅。差し当たっての問題は時差を直すことです。こんな時間(AM3:40)にブログ更新してる時点で非常にアレですね。

帰って来て早々すわセパ同時優勝か?とか台風接近とかセッションとかバタバタしておりますが私は元気です。

category: 日記

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

帰国 

 

ホステルに戻ったのは深夜1時前。飛行機がダブリンを離陸するのはAM8:30。そこから逆算される起床時間はAM4:30。Oh、モーレツ!
Hughesに行く前にシャワー浴びて、ある程度荷造りはしておいたので後は着替えてちょろっと荷造り軽くするだけではあるんだけど、何とも言えないプレッシャー。
しかも朝4時とかホステルの他の人らは寝てるのでアラームが鳴ったら一瞬で起きてアラームを止めねばならないわけで。

AM4:20。アラームを一瞬で止めて準備開始。東京で一泊するので成田でスーツケースをピックアップして以降のことも踏まえて準備しておく。ロストバゲッジの可能性もあるがな!

朝5時のAir Link 747でダブリン空港へ。
チェックインやら何やらを済ませて一旦外に出てみるともう明るい。
IMG_5393.jpg
高緯度地方なだけあってまだこの時期は昼が長いのです。

ダブリン空港第1ターミナルはボロイ古いといろいろ書きましたが、この3ヶ月の間にいろいろと内装を頑張ったみたいでだいぶキレイになってましたw外見は古いけどまーそれはしゃーない。カフェなんかは第2ターミナルの方が充実してましたがそれはしゃーない。どうせこの時間開いてないし。

離陸の時間が迫って来てボディチェックへ。フィドルが入念に調べられる。ケース開けられて中身も全部出されて金属探知機をくまなく当てられる。わしゃゴルゴ13か。

IMG_5396.jpg
カタール航空、搭乗機は最新鋭のBoeing787。機内設備はさすがのものです。
ドーハ行きの便なのですが超スカスカ。大丈夫かカタール航空。


タキシングを経て、飛行機は急加速。この瞬間は始まりのワクワク感か、終わりの寂しさのいずれかをいつも味わっている。
次、この国を訪れるのはいつになるだろうか。そんな思いを抱きながら離陸を見守っていた。


8時間のフライトだったけど、ブログ主の席の列はブログ主だけなのでゆっくりできて、かつ眠くてけっこう寝てたので割と快適でしたw3ヶ月ぶりのドーハ・ハマド国際空港に到着。

IMG_5402.jpg
どうもアラブ人の感覚はよう分からん。

今回はトランジット時間が8時間。横になりたくてウダウダ。コンセントはあるのでPCを繋いで作業をしつつ、伸びをしつつ、うろちょろしつつw

日本行きの便はJALとのコードシェア便。というわけでもちろん日本人多数。正直言ってパックツアーで来てる人らとは気が合わないなと思う。手を引いてもらってレールを歩くだけの旅行なんて俺はいやだなと思う。人の勝手でしょうけど。
飛行機はBoeing-77L。787に比べると離陸の時揺れましたやっぱりw横に座ってたスペイン人カップルと微妙に仲良くなる。
フライト時間は10時間近い。さっき寝たからあまり寝れないが寝ようと頑張る。



成田の上空に差し掛かると息を飲む光景が。
IMG_5404.jpg
今まで見た機内からの空の中では一番美しかったように思う。日本は夕方。旅は終着点に近づきつつあります。


この分厚い雲に飛行機は降りて行って、やがて着陸。
3ヶ月という長い旅もこれで一区切りです。

category: 日記

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

ゴールウェイ~ダブリン 

 

さよならの日はいつも寂しいもので。
IMG_5365.jpg
ゴールウェイのコーチ・ステーション。来た時も帰る時も晴れ。目の前の光景に違いはないけど、心の中はかなり違う。
毎回、ゴールウェイでお世話になっているまよさん&アンダースファミリーが見送りに来てくれました。正直、かなりきましたw
3ヶ月なんて帰って来てみるとあっという間だったなぁと思うけど、滞在中はとても長く感じました。それだけ濃密な時間を過ごすことができたんだと思います。
今回もとてもお世話になったお二人。どうか、どうかお元気で。
ここには書ききれないくらいゴールウェイのみんなにはお世話になりました。英語がアレなブログ主を歓迎してくれる懐の深さには感謝するばかりです。
なんだか、ゴールウェイが第二の故郷になったような気分ですw、というか今回ほんとの意味で第二の故郷になった、そんな気がしています。
ありがとう、ゴールウェイ。これからも美しい町であり続けますよう。。。



さて、ゴールウェイ最後の1週間があまりにもおセンチ過ぎたのでここで気持ちを入れ替えて珍道中の再開です。
せっかく乗ったCity Linkの降車場所を間違えて、必死こいてトイレに行きたいのを堪えて雨に降られつつホステルにチェックインした後は、福岡にも一度来てくれた関西在住のフィドラーH氏と合流。そういえばブログに書いてなかったけど彼がFacebookに「ゴールウェイ行きまーす」→よっしゃ案内したるわ!というのを皮切りにゴールウェイでもつるみ、フィークルでもつるんだという仲です。年も一緒でなおかついい年してお互い3ヶ月もアイルランド滞在といういろいろとアレな二人組がダブリンをうろつく!

とりあえず知人から聖パトリック大聖堂に写真プリーズと言われてたのでそこに向かう
IMG_5367.jpg
ちょっと観光客が多いけど…(お前もだろというツッコミ禁止)

IMG_5371.jpg

IMG_5379.jpg


その後は食事を求めて街をブラブラ。やっぱダブリンはデカい。
「まうさん最後やしさ~。何食いたい」
「う~ん、中華?」
そんな会話をしつつ歩いているとのけ反る看板発見

IMG_5384.jpg
これはいけない。

がんばれ中日。しばらく暗黒だろうけどがんばれ中日。
ちなみに居酒屋っぽい感じでした。翌々日には日本着くのに日本食もなかろうと。



IMG_5382.jpg
これはとてもいけない

ちなみにワンピースやナルト、デスノート、それに進撃の巨人なんかは海外でも人気のようです。フラットメイトにナルトとか読んでる?と聞かれるもナルトについて知ってるのは主人公と結婚した子の組み合わせが気に食わないとか言ってお姉さま方が炎上していたニュースを知っている程度の知識です。ジョージに"Attack of Titans"とか見てないの?と聞かれてギリシャ神話?土星の衛星?となる程度には漫画を読んでません、ええ。




最終的には中華を食べていったんホステルに戻って帰る準備して、M. Hughesというパブのセッションに出てきました。じいちゃんメインのゆったりとしたセッションで心地よかったです。
今回のアイルランドではゆったりとしたセッションに出る機会が多かった。それは間違いなく自分のプレイ・スタイルに影響があったなぁと思います。

IMG_5390.jpg
アイルランドでの最後の夜は更けていく。。。

category: 日記

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

【セッション中止のお知らせ】 

 

shizensaigai_typhoon.jpg

【セッション中止のお知らせ】
9/16(土)19時予定のレプラコーンセッションは台風の影響等を考慮し、今回は中止とさせていただきます。代替の日程については後日、告知させて頂きます。
13時の箱崎水族館でのセッションは今のところ決行の予定です。

category: Index

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

【重要なお知らせ】 

 

【16日(土)のセッションについて】
台風が接近している為箱崎水族館については午前中、レプラコーンについては14時前に開催するか判断の上告知いたします。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top