Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

CATEGORY PAGE

category: Rock/Pops  1/14

アジアの純真の真実!?

No image

井上陽水が「アジアの純真」の歌詞の謎を語る「それいい質問だね」 - Livedoor NEWS北京 ベルリン ダブリン リベリア…という歌詞で始まるこの曲。当時高校生のブログ主は「北京以外全部アジアちゃうやないか!」と心の中で盛大なツッコミを入れてましたが、実は一発で気に云った曲だったりします。歌詞はあんま気にしてもしゃあない気もするっちゃするけど実はすごい歌詞のような気がしてしまうのはさすが井上陽水な感じです。なん...

デヴィッド・ボウイ死去…

No image

David Bowie dies of cancer aged 69 - BBC Newsふと、iPhoneを取り出してみると速報でこのニュースが表示されていて、思わず声を上げてしまった。ブログ主がロックを聴き始めたのは90年代半ば。その頃には、既に伝説だった。後に映画「戦場のメリークリスマス」を見たのだが、そこでも印象的な演技をしていた。正直に言って、大ファンというわけではないのだが、それでもショックを受けている。数年前、この曲を聴き直す機会があ...

もう12月8日か

No image

まさに修羅場としか言いようのない今週の忙しさ。仕事がやっと終わってTwitterを見てみると、彼のことが色々と。早いもので今年もこの日がやってきた。ブログ主が物心ついたころには既に彼はこの世になく、TVや親の思い出話に出てくる程度のものだった。強烈にジョン・レノンという存在を感じ始めたのは中学時代も終わりに近づいたころ、「HELP!」のCDを買ってからのことだった。"Yesterday"目当てで買ったアルバム、というよりも...

Mother -ジョンを偲ぶ

No image

ふと、"Mother"を久々に聞いたのだが、正直年々この曲を聴くことが辛くなってきている。自分の心が針で貫かれるような、鋭い痛み。その傷みが少し分かる程度には、年を重ねたのかもしれない。最も、本当の意味で彼の痛みが分かる日は来ないだろう。あのような形で親を失うという経験をしてないから。もちろん、それはとても幸せなことであるのだけど。今年もこの季節がやってきた。別に意識しているのではないのだけど、Facebookな...

OasisのTomorrow Never Knows

No image

LSDを決めた人が書いた自画像が云々…ってのをmixiで知り合いが取り上げていたので。久々にTomorrow Never なんぞを聴いたのですけど。これが書かれたのはもう50年前、半世紀前にもなる。空恐ろしい話だ。んなもんで久しぶりにYouTubeを漁ってたらよさげな音源を発見しましたwなんかこのダルな雰囲気がとてもいい。この曲をカバーするのは難しそうだけど、この演奏はお気に入り。上手く言えないけどwそういえば、この間ダメなカバ...

ポールじいちゃん元気

No image

ナッシュヴィルのライヴ、これで幕を開けたらしい。確かにMagical Mystery Tourよねーポールのライヴって。演奏の出来はアレな気がするが。昨年の日本ツアーのオープニングは"Eight Days a Week"だったし、割と意外なのをアタマに持ってきてるんかなー。ポールほどキャリアが長くなるとド定番の曲を外すわけにもいかんし、あれやってほしいこれやってほしいでセットリスト作るのも大変やろーなー。PVで日本人がネタにされてようと...

拝啓、ジョン・レノン

No image

今年もこの日がやって来た。ようやく、あなたの元相棒のライヴに行けたよ、ジョン。あなたの歌を歌っていたよ。月並みな言葉だけど、彼の心の中であなたはまだ生き続けているんだな。あなたの相棒の悪口を言っていいのは世界中でオレだけだ、なんて言ってましたね。実際に彼の音楽を目の当たりにして、あなたの言葉の意味が少しだけ分かったような気がしたよ。僕が音楽を始めた時、既にあなたは天に召されていたけど、それでも一日...

Something

No image

ポール・マッカートニーがライヴでこの曲を取り上げていたので。ジョージの命日(正確には明けてしまったが)だし、最近この曲をよく聴くようになった。確か、このウクレレはジョージから贈られた物だったと思う。ウクレレでの弾き語りからバンドへと移行するこのスタイルはジョージ没後一年の「Concert for George」が初出だったようだ。レノン・マッカートニーの作品と違った「優しさ」が内包されているジョージの作品のファンは多...