Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

CATEGORY PAGE

category: 星・宇宙  1/5

低緯度オーロラ

No image

昨晩と言いますか早朝、なよろ市立天文台で低緯度オーロラを撮影することに成功しました。画像は午前3:33に撮影したもので、雲の向こう側の空がオーロラで赤く染まっています。北海道での低緯度オーロラの撮影は2004年11月以来になります。 pic.twitter.com/H5oAMGNycS— なよろ市立天文台きたすばる (@kitasubaru) 2015, 3月 181ヶ月ほど前のネタですが、いかんせん1ヶ月前はオーロラどころの話ではなかったので。御存じの...

アイソン彗星 最後の続報

No image

新年一発目に扱うネタがこれというのもアレなのだが、さっきまでCSで「アルマゲドン」観ててふと思い出したので。アイソン彗星の残骸、ハッブルでも写らず - Astro Artsハッブル宇宙望遠鏡(以下HSTと表記)でも捉えられなかった模様。破片の大きさが160m以上なら捉えられる計算だったとのことだが、これはもはやガスとちりしか残ってないと言っても過言ではないだろう。もはや完全にアイソン彗星は消滅したと言ってよいと思う。うー...

アイソン彗星何だかんだで続報

何だかんだ面白いのでネタとして引き続きアイソン彗星関連のニュースを紹介。まず、ソースが会員制の為リンクできませんが、やはりアイソン彗星は消滅する運命にある模様です。これは太陽観測衛星SOHOが捉えた写真。これに似た写真は見たことある方もいらっしゃることと思います。しばらくは核は生き残ったとする予想もありましたが、やはり消滅していく運命にあるようです。ベテラン天体写真撮影家ならチリを写真に捉えることは可...

アイソン彗星一応続報

No image

一応続報。アイソン彗星:国立天文台「肉眼では見られない」- 毎日新聞明るくならないかもしれんけどまあ双眼鏡くらいありゃ見れるだろ、という期待すらフルスイングで打ち抜いたアイソン彗星の続報です。一言で言って肉眼では絶対無理。ベテランのコメットハンターを始めとする天体観測の経験が相当ある人じゃないとチリなどを観測するのは難しいとな。ブログ主も子供の頃はよく望遠鏡を担ぎ出して星空を眺めていた。だから言う。...

アイソン彗星さらに続報

No image

アイソン彗星、生き延びた? - CNN消滅したのかしてないのかエエ加減ハッキリせえや彗星核の一部は生き残ったかもしれんが予報通りの眼視可能な彗星のままかどうかはにんともかんとも。とはいえ思いっきし太陽にあぶられてる上に分裂してるってことでバースト起こしてる可能性もあるので大!彗!星!になってる可能性もなくもないです。可能性低いけどね。まぁ、もし万が一生き残ってれば飛行機での彗星観覧ツアーを組んでたJ○Lと...

アイソン彗星消滅?

No image

アイソン彗星が消滅=太陽最接近時に崩壊、蒸発-衛星で観測、専門家「予想外」- 時事ドットコムこれを受け、ガッカリコメットNo.1の座はオースチン彗星から23年ぶりに明け渡されることが発表された。サングレーザー(近日点がすんげぇ太陽に近くなる彗星)ということで消滅の可能性は言及されていたが、実際に消滅してしまい多くの報道関係者、天文学関連企業が(彗星特需も消滅して)ショックを隠せない模様。国内大手望遠鏡メーカー...

アイソン彗星続報その3

No image

なんとなくガッカリコメットの可能性が日に日に高まるアイソン彗星。まあぶっちゃけた話肉眼で尻尾が見える様な大彗星なんて20年に一度か二度見れりゃ御の字。ウエスト彗星(1976)から百武彗星(1996)までがちょうど20年。北半球か南半球かで見えやすさはだいぶ変わってくるのだが、南半球で言えばマックホルツ彗星やラブジョイ彗星はかなりでかかったようだ。日本で話題にならなかったのは何のことはない。北半球からは一番いい時期...

アイソン彗星続報その2

No image

そろそろ見れるんじゃないかと思い。こんな時間に起きてみた。曇ってた。おやすみ。...