Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年10月  1/4

はろうぃーん

No image

このお祭りもまたアイルランド発祥っぽいので、ブログもハロウィンにしてみました。しかし、今まで流行を追っかけなかったブログ主はハロウィンがなんなのかいまいち分からん。だれか詳しい人教えておくれ。ケルト版大みそかだっつー話はなんとなく知ってます。お菓子をくれ、くれてもイタズラスルゾ。...

トラックバックテーマ 第1072回「修理に出したい、でも出していないもの」

No image

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「修理に出したい、でも出していないもの」です。皆さんの家には、修理に出そうと思って、今まで出していないもの、ありますか?吉久の「修理に出したい、でも出していないもの」は「実家のトイレ」です。実家の2階のトイレになるんですが、壊れてここ...トラックバックテーマ 第1072回「修理に出したい、でも出していないもの」ヴィオラ。いろいろツッコミがある...

Strawberry Fields Forever

No image

Strawberry Fields Forever - The Beatlesこの曲のどこがいいか?を具体的に語るのは難しい。幻想的、というには重すぎるし、とにかく形容する言葉が見つかりません。ジョン・レノンの少年時代がモチーフになっているのは間違いないのですが、そこに囚われ過ぎるとこの曲の本質が分からなくなる気がする。間違いなくヤクキメて書いた曲だしな。キーもテンポも異なるテイクを一つにまとめれ、という無茶ぶりをジョージ・マーティン...

The Stone Roses

No image

Elephant Stone - The Stone Roses80年代のオーヴァープロデュースされた音から、シンプルなバンドサウンドへの回帰、そしてダンス・ミュージックへの愛情を持った接近、という点でStone Rosesはまさにエポック・メイキングなバンドでした。Rockin' On誌のギターコードを単純にかき鳴らす快感を呼び戻した、という評は逆に当時の閉塞感がいかに重かったかを物語っています。イアン・ブラウンの声は所謂ロック・スター的なものでは...

音楽の友 2000年3月号

お値段高いからあんまり買ってなかったんですけどね…。\1,000近くするんで、そんだけあればクラシックなら廉価版のCDが買えてしまうという。だけども勉強熱心(笑)な学生時代はたまに買ってました。しかしこれもう10年前の雑誌なのか…。20世紀最後の年、ということで20世紀の作曲家についてかなり深く掘り下げて特集しています。常々思うんですが、クラシックがメインストリームの地位を奪われたのは間違いなく20世紀なわけですが、...

TSUTAYAのレンタル

No image

TSUTAYAの新しいサービス。レンタルCDなどを返却する際、郵便ポストにブッ込むだけでOK、というのが便利。余分に\100かかりますけど、なかなか忙しくて店に行けない時とか、家から遠いTSUTAYAで発作的にレンタルしたくなった時に便利。近所のTSUTAYAは駐車場が混雑するのでそーいう意味でも便利です。んで、ガムランのCDとか借りて聴いてみました。なんか味があっていいw...

おフランスギャルを聴く

No image

こないだとりあげたピチカートファイヴ。なんかフランスっぽいなーと前々から思ってたので、これを機会にフランスギャルを聴いてみました。Poupée de cire poupée de son(夢見るシャンソン人形) - France Gall60年代はいいのう。この舌っ足らずな歌い方は世のオッサンに受けただろうなー。というか、この曲知ってる知ってるwこんなタイトルだったのね。CDの解説曰く日本語タイトルみたいな内容の歌詞じゃない(実際訳詞みたら結構...

アメリカ中間選挙

No image

我が町福岡でも市長選挙に向けて盛り上がって?ますがアメリカはもうすぐ中間選挙ですね。やはり争点になっているのは医療保険の問題のようで、なんとか国民皆保険を導入したい民主党とそれを阻止したい共和党の対立は激しいようです。というか、この争点に関しては共和党有利な様子。ブログ主は意外に体調を壊しやすいのでなんとなく人事には思えません。日本でも保険料の負担はかなりの重荷になっているのでこれからはリアルに人...