Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARCHIVE PAGE

archive: 2013年09月  1/5

今日はアイリッシュ講座

No image

告知が遅れましたが…w本日17時より、箱崎水族館喫茶室にてアイリッシュ音楽講座を開催致します。主な対象楽器はホイッスルとフィドル。料金は¥1,500+1ドリンクとなります。アイルランド音楽の楽しさを体験する一助になれば幸いです。がんばりまっす!...

アイルランド横断レンタカーの旅 3日目 再びドゥーリンへ

結局10時間くらい爆睡した挙句にやっと起きました。KちゃんとLくんは昨日ブログ主が登ることを挫折した砦まで登ったらしい。「やっぱけっこうきつかったですよー」とのこと。あと、案の定ブログ主が登ろうとしたルートは大間違いだったようだ。ドゥーリンまで行く船は12時半に来る。つまり、それまでやることがない。二人は練習を始めていた。それを横目で見つつブログ主はチンタラしてようかと思ったのだが、何せ田舎の島。WiFiの...

アイルランド横断レンタカーの旅 2日目 イニシア着

View Larger MapKちゃんがちょいと心配で戻ってみると、普通にピンピンしてた。「船メッチャ揺れたけど大丈夫やった?」「ぜんぜん大丈夫ですよー。棒につかまって揺れる―とか言って楽しんでました。 Lくんがヤバいです」ホワット?船室奥の座席に言ってみると目から光が失われたLが。「大丈夫?」「無理です…」しかし相手は男なのであまり心配しない。世の中そんなもんである。ちなみにブログ主は乗り物酔いというものをほとんど...

アイルランド横断レンタカーの旅 2日目 イニシア―への船

屋外のベンチ?ではしゃぐ犬。おいちょっとまておちつkと、こんな感じでホステルを後にしつつ、まずはドゥーリンの村を軽く散策。うん、村って感じの村だ。大学時代の後輩(民族音楽に詳しい)は、ここがアイルランド音楽発祥の地だと言っていた。Kちゃんはエニスが発祥の地だと言っていたがどっちなのだろう。どっちにもそれっぽい博物館はなかったが。しばらく散策した後、車に戻って一路船着き場へと向かう。ここドゥーリンにはイ...

アイルランド横断レンタカーの旅 1日目 モハーの断崖編

View Larger Map「だんがい」って入力したら「弾劾」って変換されて戦慄したブログ主です。おこんばんわ。一日目もようやくラストです。ついにモハーの断崖に到着!資料センターに行って、それから断崖に行くという流れ。6ユーロ也。「前来た時お金取られんかったのに~」と叫ぶKちゃん。まぁ、こんだけ観光客が見込めるならそら金取るよなぁ。資料館には例によって例の如くモハーの断崖周辺の動物相についてのコーナーもあるのだ...

アイルランド横断レンタカーの旅 1日目 バレン国立公園編

思いっきり寄り道しまくった挙句、やっとのことでバレン国立公園に到着。View Larger Mapとにかく、石だらけ。足元はゴツゴツした石の合間に雑草が生えている、といった風情。正に荒涼とした大地というべき光景だ。まずは「巨人のテーブル」というドルメンを見に行く。↑の写真の奥にあります。巨人のテーブルとは何とも洒落の効いたネーミングだ。何枚か撮った中からベストショットを。「巨人のテーブル」と聞くとかなり大きなもの...

アイルランド横断レンタカーの旅 1日目 今度こそバレンに向かうよ編

時間もそろそろ夕方に差し掛かろうかという時間帯である。この時期、アイルランドは19時くらいまで明るいとは言え、ぼちぼち寄り道何ぞせずに目的地へ向かわねばならない。そう、目的地に向かわねばならないのだ。わーい!いい雰囲気の廃墟があったよ!中世の知られざる歴史を伝える的なロマンがあるよね!これは車を止めてパシャリ!だね!(←アホまーこんないい雰囲気だからしょーがない。僕悪くないもん。牧草地が太陽に照らされ...

アイルランド横断レンタカーの旅 1日目 バレン行く途中で迷子編

ちなみに今回使ったレンタカー。えらい立派なのが来た。エニスを発ってからは一路バレン国立高原へと向かう。けっこうな見どころらしい。天気のいい中、空を切って車は進む。…のだが、とかくアイルランドの車はみんな飛ばすのなんの。しかも片道一車線の道がほとんどなので気が付くと後ろに渋滞ができている。これはイカンと車を路肩に寄せるとまぁみんな抜くわ抜くわ。日本だと30~40km制限がかかってそうな道で普通に80kmなんて...