真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

The Irish Fiddle Book

久々に楽譜?というか教本を買ってみました。

The Irish Fiddle Book: The Art of Traditional Fiddle-Playing (Book & CD)The Irish Fiddle Book: The Art of Traditional Fiddle-Playing (Book & CD)
(2006/01/25)
Matt Cranitch

商品詳細を見る


本当に楽器を初めて持ちます!という人向けっぽく音符の数え方やらなんやら基本中の基本から書いてます。
肝心のチューンもアーティキュレーション全くなしの譜面とアーティキュレーション付き譜面の2種類が載ってたりして、親切な作りです。
CDも付いてるのが更に親切。

ちょこちょこ楽器を触ってる人から見れば今更音の読み方だの音符の数え方だのは必要なさそうな気もしますが、アイリッシュやってる人は楽譜を読めない(読む必要がないとも言うw)人が多いので基本を勉強し直す意味でも結構いいんじゃないか?と思ったり。
例えば2分音符は2分音符分伸ばすとか、そういう基本的なことってアイリッシュ・クラシックに限らず意外に疎かにしがちです。アイリッシュの場合はそこから崩していく必要があるのですが、基本を押さえてから崩しにかかった方が結果としては近道だと思うので(現地の人たちは別)。

何はともあれぼちぼち使っていこうと思いやす。
スポンサーサイト

 フィドル奏法

2 Comments

イウォーク  

助かってます!!

初めまして!最近アイリッシュフィドル
を始めたイウォークと申します。
アイリッシュ奏法でつまづいて色々検索してまうんてんさんのブログを見つけました。
特にロールが出来なくて・・

すっごーく参考になります!!
週末頑張って練習してみます。

2012/02/08 (Wed) 22:37 | REPLY |   

まうんてん  

おおぅ…。こんなマニアックなブログにありがとうございますw

ロール、難しいですよね…。ブログ主も苦労してますw色んなやり方があるらしいのがまためんどくさく…w

フィドルの先生が近くにいらっしゃるといいんですけど、結構いないんですよねw

お互いがんばりましょう!こんなブログですけど、よろしければこれからもいらっしゃってくださいね。

2012/02/09 (Thu) 00:26 | REPLY |   

Leave a comment