Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

John Ryan's

以前も貼った"john Ryan's Polka"ですが、ボウイングなどを変更しました。

John Ryans (polka)-1

大森さんのボウイングを参考に、音の並びは少しアレンジしてあります。
アイリッシュ・ポルカは1拍目、2拍目のウラにそれぞれアクセントを置く弾き方で、なるべくそう弾き易いようにしてます。
上記の楽譜の場合、1小節目はともかく2小節目などはウラ拍を強調する必要があります。
この曲については散々ボウイングに悩まされましたが、結局のところシンプルにこの形で行くのがよさそうです。

この曲はみなさんご存知タイタニックでレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが踊るシーンで使用されており、非常にインパクトがありました。実際、セッションでもシメに演奏されることが多く、盛り上がる曲です。
タイタニックで使われてたナンバーは引き続き楽譜を作っていこうと思います。


未だに映画は見てないがな!


以前TVであってたので見てみたらちょうどレオ様が海に沈んでいくとこでした。南無。
スポンサーサイト

2 Comments

グレンコア  

ヽ(´o`;ととと

いやぁー、申し訳ないっす。らいあんずかっこいっすね。来週よろしく~🎵

2012/02/18 (Sat) 03:57 | EDIT | REPLY |   

まう  

すんません、昨日も電話出れんでw
来週よろしくです~。

2012/02/18 (Sat) 14:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment