Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

光市母子殺人の裁判

死刑の選択 光市母子殺害判決は問う(前)~「勝者はいない」

何年か前判決は出てたような気がするんですけど、まだだったんですね。これで刑は確定したということになるのでしょうか。
今回の裁判については色んな意見があるとは思いますが、罪もない母子が人権を悲劇的な形で蹂躙された、という時点で加害者の人権は剥奪されるべきものではないかと考えています。法解釈が云々という所はブログ主はズブの素人なので何も言えませんが、更生云々以前に人の命、人の尊厳は軽いものではないことを示すべきだと思います。
若いとはいえギリギリ少年法対象外になっていたし、家庭環境が酷なものだったとしてもあのようなことをしてしまう免罪符にはなりえません(もっとも似たケースを防ぐための対策は一人一人が考えないといけないと思いますが)。

ネットで騒いでる人たちみたいに「ざまーみろ!」という気にはなりませんが(弁護団は別)。
これで全ての答えがでたとは思いませんが、犠牲者の方のご冥福を祈り、自分が過ちを犯さぬようこの事件を忘れずにいようと思います。


しかし、弁護士に死刑反対派の某氏がついてからというものの弁護内容があまりにもヒドいものになったのはなぜなのでしょうか?「復活の儀式」だの「ドラえもんがなんとかしてくれると思った」だの、裁判官の心証がよくなるような内容には思えないのですが。世論も激昂してどう考えても死刑賛成派が多数になったし。かくいうブログ主もブチ切れたし。
某氏は実は賛成派のスパイなんじゃないか?と揶揄する声まで出る始末。

もちろん、市民の為に日夜頑張ってくれている弁護士の方はたくさんいらっしゃると思うのですが、やっぱりこういうちょっと外れた人もいるのかなぁ、と思う次第で。


ブログ主には弁護士目指してる後輩がおりました。
憲法9条改正反対がかまびすしかったころ、後輩とその話題になったことがありました。
「まぁ、気持ちは分からんでもないけど、他国が攻めてきたらどうすんの?」

「もっと勉強して下さい」

上の質問に対してこの答え。会話になってない。弁護士ならそういう疑問に納得できる答えを提示するのが義務のハズなのにこの答え。
この上から目線と同じよーなものを件の弁護士には感じるわけです。一般人にアホウが多いことを否定する気はないが、説明する気もなしに上から目線なだけでは同じ穴のムジナですよ。

橋下さんなんかは自分の政策についてできる限り説明しようと試みているけど、市民の支持を受けたのはそういうとこなんじゃね?政策云々は置いといたとしても。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment