真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

ヴィオラの肩当てのオハナシ

さて、問題です。
IMG_0623.jpg
これはなんでしょう?

今回の日記のタイトルとか見ずに「肩当て」と答えられた人がいたら、ツワモノを通り越して変態のレベルです。
でたらめ言ってんじゃねぇ、という方。


IMG_0618.jpg


…。


IMG_06181.jpg

おわかりいただけただろうか?


さて、何故こんなモンを仕入れてきたのか。それはブログ主のスタイルの変化と密接な関係があるのだ(大げさ)

フィドルを肩当てなしで弾いてて、すっかりそれに慣れてしまったブログ主。翻ってヴィオラを弾く時に肩当てを付けると顎と肩の間の余裕がなくていっぱいいっぱいになり、結構ツラいのです。
ヴィオラも肩当てなしでだいぶ弾けるようにはなってきたんですけど、フィドルに比べると重いのでちょっと負担になります。なんで、サポーター的に支えてくれるやつが欲しかったのです。んで、楽器屋さんに相談。

まず、座布団型と言われるタイプを紹介されました。

「いくらっすか?」

「¥7,000」

いや、肩当てってだいたいこんくらいの値段なんだけど…。ずっと使うならともかく試しに使ってみるくらいでそのお値段はちょっと…。
ということを言ったら教えてくれたのがこの肩当て。

Magic Padという商品です。上記の貝殻型以外にもカニ型とかクジラ型とかがあります。要はややおこちゃま向けなんですな。

「そんなガキ向けのやつなんか使えねぇーよ!俺はアダルティーなんだよ!」という方には特に可愛げもない丸型もあります。ぶっちゃけブログ主もそっちがよかったけど、いいタイミングで在庫切れでした。しかも店員さんはカニ型とカエル型を実にいい笑顔で勧めてきます。いや、たぶんお客さんから見えんからいいんだけど。

このMagic Pad。お値段はなんと税込¥1,050!¥1,050でのご奉仕です。ぶっちゃけ自分に合わんでも千円なら許せると思うw
んで、実際に使ってみた→後半に続く
スポンサーサイト

 楽器ネタ

0 Comments

Leave a comment