真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アイリッシュパブ「レプラコーン」

今日はかなんとこんばんどんのみなさんとパブ「レプラコーン」でセッション。以前もこのパブでセッションをしてたみたいなんですが、前回は行けず。どうしようか迷いましたが、アコーディオンの子がしばらくアイルランドに行っちゃうので参加してきました。

一応前回のブーティーズのセッション録音して何曲かは練習したので…w


レプラコーン玄関。
Leprechaun1
うーん、おしゃれ。アイリッシュパブってなんか渋いところ多いですねw

店の中に入ってみるとチェロを持ってきてる方がいらっしゃいました。アイリッシュに興味しんしんなのだと。仲間が増える!セッション中にフルートの方も来られて、興味しんしんということで、お二人にも参加して頂きました。
やっぱりやりたいっていう人多いよなぁ、アイリッシュ。受け皿をもっと充実させればもっと盛り上がって楽しくなるのは間違いない。なんとかそういう受け皿を広くしたいなぁ。先に練習しろというツッコミはとりあえず置いといて。

セッションはクロノトリガーからジグに繋がる展開ですが、今回は"The Kesh"の前に"Morrison's Jig"を入れるというちょいと変化球な展開。気付かずにKeshを弾きかけたのはナイショですw

Leprechaun2
レプラコーン店内。ちょいと画質が悪いのは勘忍して。

しかし、ほんと曲たくさん知ってるよなぁ。おっさんはコソ練しつつごまかしつつでした…w
Reel2曲とHornpipe2曲は練習してたのでなんとか?ついていけました。
やっぱりセッションで目の前でかっこよく演奏されると耳に残るので覚えやすいです。iPhoneアプリのBlueFiReが今日も火を吹くぜ。
The Galwayはぼちぼちオーナメントを散りばめていきたいところ。ただ、ホーンパイプの弾き方が全然分からないのでそこは課題だなぁ。
ジグですごい素敵な曲があったので次のセッションまでには覚えたいところです。

最後はポルカ数曲の後にJohn Ryan's Polka。フルート、チェロのアドリブが炸裂して大盛り上がりでした。うん、ベタだけど楽しいわ、この曲w

まだまだ参加できる曲は少ないけど、セッションで手ごたえを感じることが増えてきました。この調子で頑張りたい。

レプラコーンのみなさん、セッションのみなさん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment