真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽譜 -Farewell to Erin-

リール"Farewell to Erin"の楽譜です。

Farewell to Erin-1
(クリックで拡大)

結構かっこいい曲なのですが、長いです。4パートもあります。他のリールをある程度こなしてからチャレンジするのがよいと思われます。

最初はA3という、アイリッシュにしては割と低い音から始まります。G線の弾き方に慣れてない方はちょっと注意して下さいね。このAの音にはロールを入れてもいいと思います。実際には3パート目は繰り返し時には音形を変えてトリプレットを使ったりしてます。わりとかっこいい。

4パート目の2小節目などのG-D-B-Dという動きは最初のGを押さえる際に一緒にBも押さえておくと無駄な指の動きがなくなるのでスムーズにプレイできます。指番号で言うと1番と2番を同時に押さえておく、という感じです。ついでに最初の音をGとBのダブルにしとくと結構かっこいい。

埋め込み無効でしたけどボシー・バンドの音源を貼っときます。ご参考にして見て下さいm(_ _)m
スポンサーサイト

 Irish 楽譜・録音

2 Comments

gatamekira  

無題

還暦前にしてバイオリン歴三ヶ月のポンコツフィドラーです。
この曲を弾きこなすのが目標です。
博多はまだアイリッシュシーンが存在するのでうらやましい・・・
地方では皆無です。

2018/03/11 (Sun) 22:33 | REPLY |   

まう  

Re: 無題

アイルランドのセッションでもちらほら出ましたw有名なチューンみたいですよー。
がんばって!
もし九州近辺でしたらチャンスがあれば伺いますのでw


> 還暦前にしてバイオリン歴三ヶ月のポンコツフィドラーです。
> この曲を弾きこなすのが目標です。
> 博多はまだアイリッシュシーンが存在するのでうらやましい・・・
> 地方では皆無です。

2018/03/12 (Mon) 21:34 | REPLY |   

Leave a comment