真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

今更閉会式観たよー

やっとこさ開会しk閉会式観ました。いやー、音楽好きにとってはまさにお祭りでしたねーw
UKの音楽にそこまで興味ない人はどう思ったんだろう?と思わず邪推してしまうくらい。

個人的ハイライトをば。

インド風のイントロで始まる"Here comes the Sun"とか、分かっておるな、お主。正直ニヤけましたw
それからクラブミュージックが大々的にフィーチャーされてたのが印象的です。Fatboy Slimとか、実は音聴くの超久々だったりwぶっちゃけあんまりそっち方面の曲に詳しくないブログ主ですが、正直ちょっとカッコよすぎやろ?ちょっとクラブミュージックもちゃんと聴かなきゃ!と思った次第ですwいやー、ほんとかっこいいのね。

london1.jpg
ここらへんは懐かしのスパイス・ガールズ。ベッカムの嫁さん、子供四人生んだらしいってのにこの体型はすごいわ。流行った当時はこのアイドルが!とか思ってましたけど、今聴くと歌唱力はハンパねぇわ曲もかっこいいわで、まさにガール・パワー!こーいう元気な女の子、イイですよねw
どっかの国のアイドル崩れとはやっぱ違うわ。


london2.jpg
ビーディ・アイが魂を込めた"Wonderwall"。リアム・ギャラガーの前を見据えて目を見開いて歌うスタイルは今も変わらない。ハッキリ言うけど、イントロのギターが聴こえた時点でかなりキました。


london3.jpg
ライヴのクイーンの映像。観客と自分をシンクロさせていく様は、まるで彼がその場にいるかのようで…。

london4.jpg
クイーンのブライアン・メイとゲスト・ヴォーカルのジェシー・J。"We will rock you"は正に圧巻。ジェシー・Jというヴォーカリストはこの映像で始めて知りましたが、凄まじいまでの歌唱力。まだ若いはずだけど妖艶さまで兼ね備えた末恐ろしいディーヴァ。


london5.jpg
最期を飾るのはフー。亡きキース・ムーンに代わってドラムを叩くのは元ビートルズのリンゴの息子、ザック・スターキー。オリジナル・メンバーは減りつつあるが、それでもなお圧巻の貫録。



london6.jpg
"Imagine"が流れる中、形作られるジョン・レノンのモニュメント。あの歌に全く賛成できるわけではない。理想主義だけでは生きていけないから。



なのに、なぜこの歌を聴くと涙が止まらないんだ?
スポンサーサイト

 Rock/Pops

0 Comments

Leave a comment