真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

テザリングの罠

auのiPhone5、テザリング目的で契約すると痛い目にあうかもよ

テザリングとは、iPhoneをWiFiルーターとして使用できるようにする機能のこと。
その機能を使えばPCからインターネット閲覧できるし、iPadなんかを通信会社と契約しなくても使うことができます。
日本ではiPhoneでテザリングは出来なかったのですが、今回遂にauから出るiPhone5から対応するようになりました(Softbankは未対応)。Docomoのスマホは対応しているものもあったので、追いついたとも言えますが。

但し、上記のように3日間で通信容量が1GBを超えてしまったら速度制限喰らって速度が128Kbpsになります。

この1GBというのが具体的にどのくらい使ったら到達するのか体感的に分かりませんが、仕事ではなく趣味やヒマつぶしに使っているブログ主の場合、一月で1GBも行かないようです(昨日ショップの店員さんに確認しました)。auの制限対象は3日間で1GB。

但し、PCからサイト閲覧などをしてると割とあっさり1GB突破してしまうようです。ちょっと見るくらいなら大丈夫ということですが、ちょっとというのがどのくらいなのかがミソ。多分動画サイトバカスカ見たりするとあっと言う間にご臨終になると思われます。

追加料金を支払えば再び高速通信も可能となりますが、その値段を考えるとテザリングは必要最低限に抑えるか、wimaxを契約するかした方がよさそうです。
もっとも、iPhoneをテザリングする人はビジネスユースの人が多いと思うのでそんなに重いページは開かないと思いますが。

テザリングせず普通に使う分にはさほど問題ありません。iPhone使ってるだけでそこまで行っちゃう人は間違いなくヘビーユーザーな感じですw

この記事で以前紹介しましたが、家で利用する際にはこういうアクセスポイントを使用すれば通信量は抑えられるので不安な人は導入してみるとよいかもしれません。速度もアホかってレベルで出るし。但し、PCでインターネットができないと意味ありません、念の為。
ブログ主はこの無線LANを導入してるからひと月で1GB行かないのかもしれません。導入してないころ一月いくらだったかはもう覚えてません。というか無線LANない状況では動画サイトとかにも繋がなかったしw
スポンサーサイト

 iPhone

0 Comments

Leave a comment