Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

ネットせんきょー

安倍首相、「ニコニコ動画」イベントで熱弁

恐ろしい時代になったな、オイw
こういうのって色んなお客さんが来てると思うんだけど、警備なんかは大丈夫なんだろうか?ちょっと気になる。
拳銃とかもったまま会場に入ることも不可能じゃないだろうからな…。

ともかく、こういうのを見るとネットでの選挙活動が解禁されるってのがよく最近言われてますけど割と本腰で取り組みますよーっていうアピールなのでしょうか。このイベントには民主や維新、共産なども出展してたみたいで手探りしつつもネット選挙の可能性を模索してるって感じでしょうか。

件の安部首相はFacebookをやっていて、マスコミを通さずに自分の意見を伝えられるということにかなり意義を感じてるみたいです。どうしてもマスコミを通した時点でバイアスかかっちゃうしね…。でも、バイアスかかったほうがいい場合もあるし、結局は俺らがニュースを判断するだけの知識を身につけんといかんわいっちゅーハナシでしょうね。


実はFacebookを使って政治的発言をする、っていうのは実は個人的にはあまりよくは思ってない部分もあります。
何故かと言えば、例えばAさんがある政治的発言をする。それに対してBさんがその通りだ!と同意する。Cさんが本当にそうだ、今の政府はどうなってるんだ、と更に同調する。
これ、よく見る絵です。
Aさんの意見に対するコメントは大体の場合、同意で埋め尽くされるわけです。

そりゃそうなります。

「お友達」で繋がるんですから、似た者同士がFBでもつるむわけです。
リアル友達にしろ、FBでの友達にしろ、気が合うやつってのは考え方もある程度似通ってることが多いわけですから。なのでブログ主の友人は聖人君子が多いんですね。すいません、ウソです。

なのでこの場合、Aさんは自分の意見に対して絶対の自信を持つようになるし、BさんもCさんも同じ意見がたくさんあることを確認し、自分の考えは間違ってないと強く思っちゃうわけです。このABCさんが何かのアレな団体に入ってる場合、これはさらに加速されます。
こんなところに「いや、こういう考えもあるんやけど?」みたいなこと書いても聞いてもらえまへん。

結構、こういう光景をよく見る(安部首相のFBも例外ではありません)んですけど、正直ちょっと怖い光景ではあります。思想が純化されていく工程を目の当たりにしてる感じです。

一つの意見に対し、こういう意見もあればああいう意見もある、その中でブラッシュアップしていくのが正しい議論のあり方じゃなかろうかと思うんですけど残念ながらそういう光景はあまり見ないですね。

思うのは、自分の考え方に「それはこうだよ」と別の意見をぶつけられると自分を否定された気になる人が存外多いこと。まぁ、ブログ主も頭に血が上りやすいタイプなので人のこと言えんですが。
違う意見を言われたからって何も否定されてるわけじゃない、ってことを念頭に置くのは意外に大事なんじゃなかろーかっつー気がします。

とはいえ、色んな人が直接ネットを介して意見を述べることができるというのは時代が変わった感があります。ブログ主もこんなところで駄文を書けるようになったわけだし。
なのでいろんな意見を「面白い・興味深い」と思えるようになんなきゃなーと思いました。

最初は何やってんんだ総理wみたいなこと書くはずだったのにマジメなこと書いてしまった。ハラキリ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment