FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

俺は孤独なロンリーウルフ

主にメロディ的な意味で。
Leprechaun1


昨日はレプラコーンでセッション、というか生演奏というか。
どんな感じにやるんかなーと思いつつ、急いでレプラへ。今回はかなんとこんばんどんのギターKくんと最近帰ってきたバウロンTくん。そしてフィドルのブログ主という割と変則的な編成であった。

店に入ってTくんが一言。「今日はまうさん次第で。それで決まるんで」
緊張しいのブログ主の性格を知ってか知らずか、イヤーな一言である。

何しろ、今までセッションに参加する時は大体の場合、他にもメロディ楽器の人がいた。アコーディオンなり笛なりフィドルなり。
今回はメロディ一人なわけである。あーやだやだ。

そんなこんなでいそいそと楽器を出してると学生時代の後輩が登場。いや、誘ったの俺だけど。
あー緊張するw

てなわけで、今回はアコーディオンKちゃんはいないけどセオリー通りクロノトリガーから始めて、"The Blarney Pilgrim"~"Morriosn's Jig"~"Tripping up the Stair"とやってみました。仕事帰りだったのもあって慣れるのに時間がかかりましたが何とかこうにか適応しつつ。

メロディは間違えるわ、チューンの繋ぎはグダグダやわでなかなかアレな感じでしたけれど、お客さんには喜んで頂いたみたいで一安心といったところでしょうか…w

今回始めてメロディ楽器が一人だけという状況でやったわけですが、いろいろ課題が見えたというか、見て見ぬふりしてた課題と直面しちゃったというか…w
今までは誰かが出したチューンを追いかける、というスタイルが多かったのですがやはり自分から出せるチューンも増やしていく必要がありますねー。それからチューンの変わり目をスムーズに切り替えること。これは少し練習した方がいいのかいな。

とはいえ、今回こういう形でやらせていただいてとても勉強になりました。将来的にはセッションホスト的なこともやることがあるだろうしそのシミュレーションになった感じです。もちろんギターとバウロンに助けられての話ですが、そこそこノリも出せたんじゃないかなぁ。
将来的には何と言うか、セッションを治める的な安定感が出てくるとよいのでしょうが、これは慣れもあると思うしそのうちなんとかなるんじゃないかと楽観してますw

久しぶりに小編成でのセッションでしたが、プレーヤー同士、上手くコミュニケートしながらプレイできたんじゃなかろーかと思います。小編成ならではの研ぎ澄まされた感じも追及していきたいですね!


終わった後はメンバーを北九まで送って、ついでに資さんうどんといううどんやでうどん食べて終了~。
昼まで寝ようと思ってたけど8時くらいに目が覚めてしまったのでこうやってブログなんぞを更新してるワケですね。
スポンサーサイト



 Session & Live

2 Comments

グレンコア  

小倉に行くなら

ドキドキうどん、食わないけんです。ゴロゴロの肉うどん。谷口さんのオススメ〜。

2013/05/03 (Fri) 11:06 | REPLY |   

まう  

Re: 小倉に行くなら

すごい店名だw

2013/05/03 (Fri) 23:41 | REPLY |   

Leave a comment