真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

8/9 Leprechaun「だれんとこんばんどん」Session

lep session

と、いうわけで昨日は第二回「だれんとこんばんどん」セッションでした!
かなんとこんばんどん時代から聴きにいらしてくれるお客さまもいて本当にありがたい限りです。

昨日のメンバーは…

フィドルのブログ主、ギターK、バウロンTに加え…
フィドル・ホイッスルのK夫妻に沖縄からフィドルのYさんが駆けつけてくれました!
さらにお忙しい中ついにアイリッシュフィドルを始めたIさんも登場!多謝!
フルートTミーは今回は体調不良で欠席。ざんねん。

とりあえず最初はお決まりのクロノトリガーから"The Blarney Pilgrim"、"Morrison's Jig"、"Tripping up the Stair"のセットで開始。継承である。なんとなくレプラコーンのセッションではこれから始まらないと気分が乗らないような気がしてしまうwみなさん、クロノも覚えといてくださいね~w楽譜はご用命あれば作りますw

今回は割りと自分が中心になって曲出ししました。がんばった俺。
出したチューンは…

Over the Moor to Maggie - Drawsy Maggie
Toss the Feathers No.2 - The Gravel Walks
Lost and Found - The Whinney Hills of Leitrim - Tom Billy's(ex. Dervish)
The Ballyfin Polka Nos.1-3
Galway Hornpipe - The Golden Eagle
The Wedding(McLeod's Farewell) - Tam Lin - The Reconciliation
名前不明の多分ホーンパイプw - Staten Island
Haste to the Wedding - Carrarow - The Kesh
Kerry Polka - Dennis Murphy's - John Ryan's
多分他にもあったけどこんな感じです。
曲名がパッと出てこない…w

後はGlass of BeerやHumours of Tulla、Farewell to Erinなんかが出てきました。Farewell to Erinはすっかり弾けんくなっとる。マズイw練習しよ。

Tミーも言ってたけどセッションでよくやるチューンはやっぱ上達が早いすね。あと、Keshを出したときの響きの充実っぷりが面白かったw The Weddingも結構いろんな人が弾いてくれるようになりました。こんな感じで定番チューンができるともっと楽しくなりそうです。


次回は9/20(金)の20時からです。今回は女性の参加者もあったので多分次回もむさくるしくならないと思いますw
ぜひぜひおいでくださいませー。
レプラコーンのみなさん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

 Session & Live

0 Comments

Leave a comment