Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

ヨーロッパ旅行おぼえがき

  • CATEGORY旅行
  • PUBLISHED ON2013/ 08/ 15/ 17:31
  • COMMENT0
ようやくほぼ全ての日程が決まりました。(アイルランドでレンタカー借りてる間だけフリーハンド)

初の海外一人旅なのに旅行会社を通さなかったせいで準備がエラいことになりましたが、そんな中からつらつらとまとめていこうかと思います。


・保険
いつ病気したりケガするか分からんので保険には加入した方がいい。
クレジットカードを持ってる人はそれに海外旅行保険が付帯していることが多いので要調査。
カード付帯保険も自動付帯・使用付帯と2種類あって、使用付帯は現地でカードを使わないと保険が適用されない。
ブログ主のカードは自動付帯だったので向こうで使わなくても持ってるだけでおっけー。
内容によっては新たに保険に加入する必要がないほど充実したものもあるが、そこはよく調べた方がいいとオモ。


・ギリシャ
単純に安さだけで最初ホテルを選んだが、後で色々調べてると
「周辺には麻薬常習者、不法移民などが非常に多く犯罪率も高い。日が落ちたら絶対に近付かないこと」
と記載あるガイド誌・ウェブサイト多数。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

仕方ないのでホテルキャンセル・新たに予約。

アテネは比較的治安がいいとは言われるが、オモニア広場周辺はかなり危険なようだ。
タチの悪いことにリーズナブルな宿泊施設はその近辺に集中している。
アテネ国際ユースホステルなどもその地域だが、実際にユースホステルに入る直前に強盗にあったというブログもあった。

オモニア広場周辺、特にオモニア広場より北の地域(ビクトリア・メタクソウルゲイオ地区など)にはできるだけ近づかないほうがよさそうだ。ただ、国立考古学博物館はこの近辺にあるのでそれが問題にはなってくる。昼間に足を伸ばすなら気をつければ大丈夫なようだが。
夜歩くのはマゾだけやな、こりゃ。

オモニアから南に下り、モナスティラキ近辺まで行けば危険はかなり下がるようだ。ブログ主はここらへんに宿を取り直したのでなんかあったら報告します。
iPhone取られてなけりゃな!

Booking.comなどでホテルを予約するときはカスタマー・レビューにはある程度目を通しておいたほうがよさげ。前のホテルの時点で"scary neighbourhood"だ"some strange people"だのとイヤな予感がプンプンする単語は気にはなっていたのだが。

更にタチの悪いことには、旅行会社のツアーでオモニア広場周辺のホテルを使うパックもあるそうだ。パックプランで旅行に行く場合でもホテルの位置は確認しておいたほうが絶対にいいと思う。

キャンセル料は多分かかるだろうが海外は慣れてないし背に腹は変えられん。iPhoneなんかがパクられた日にゃもう身動きできなくなってしまうからな…。


細かくはこちらのサイトが参考になりました。ありがたや。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment