Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

Departure 8/22

  • CATEGORY旅行
  • PUBLISHED ON2013/ 09/ 13/ 02:47
  • COMMENT0
旅立つどのくらい前だっただろう?大学時代の某T先輩よりメール。
「当日朝早いやろうから送ったる」

神はいた!


早いだけならまだしも、機内持ち込みバッグに預け荷物にフィドルにと、持ってくのも結構大変な荷物だったのでゴッドでした、マジでw
帰りは福岡空港から地下鉄とバス使ったけどやっぱ大変やったし…w

と、いうわけで8:30くらいには福岡空港に着いてただろうか。


Fukuoka Airport - 33°35′04″N 130°27′06″E
IMG_1310.jpg
もう、なんつーか夏真っ盛りですね。当然のように服装はTシャツ。これが後に災いとなる。

前日にオンラインチェックインを済ませていたので、まずは荷物を預ける。
ここで先輩とはお別れである。お世話になりました…。
フィドルケースには白テープを巻いて「Fragile」とか書いとく。KLMはフィドルは機内持ち込みできないのでしかたない。
「くれぐれも気を付けて扱ってくださいよ」としつこく頼みこむ。
係員のおねーさんは「分かりました。丁寧に扱うように一番最後に積み込むように致します」との返事。
思うにこれがフラグだったかもしれんな。

そして、荷物を預けてゲートをくぐると先輩がいた。


Why?


お?お?なんだ?なに?と混乱したけど、要は単に荷物預けただけなんでふつーに空港内をウロチョロできたワケです。こんなんも分からないで俺は無事に帰れるのかと不安になるがとりあえずタバコ吸う。
吸いだめ。
IMG_1312.jpg
喫煙所から見える光景。旅立ちにはいい天気だなぁ。というか福岡空港国際線キレイになったなぁ。高校時代修学旅行で使ったハズだけど、こんなきれいじゃなかったような。

IMG_1311.jpg
どのヒコーキに乗るんかなー。


その後、保安検査に行く為今度こそお別れ。今度こそお世話になりました…w
ここ数年、何回か飛行機に乗りましたが、だいたいベルトが引っ掛かることが多いのでベルトも前もって外しておく。んで、スムーズにパスして出国審査へ。
出国審査はパスポートとボーディングパス(搭乗券)を提示。航空券とボーディングパスは一応別物なので分かりにくいが、慣れたら問題ないです。
パスポートの最後のページに個人情報を記入するページがありますが、そこに何も記入してなくてやり直しくらってる人が結構いました。ブログ主もめんどくさいけど書いとくか…くらいな感じだったけど、どうやら必須みたい。

出国審査もパスし(まぁ後ろめたいことないしね)、後は搭乗ゲートを確認して搭乗開始を待つのみ。
9:50、遂にゲートオープン。飛行機までわざわざ西鉄バスで移動するwバス使うのかよwとか思ったけど空港内で電車が運行されてる空港まであった。世界は広い、つーか空港が広い。 KLMオランダ航空の青が眩しい飛行機に乗り込む。
10:25、出発。
毎度のことながら、飛び立つべく急加速するために強いGがかかる。このGを感じると「ああ、旅立つんだなぁ」と実感する。そのまま飛行機は重力から解放され、中継地点であるオランダ・アムステルダムへ向けて飛び立った。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment