Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

ホテル着

  • CATEGORY旅行
  • PUBLISHED ON2013/ 09/ 13/ 20:51
  • COMMENT0
やっとホテルに着いた。ダブリンシティ大学である。夏季休暇の間、学生寮を解放してるのだ。
IMG_1323.jpg

チェックインして、取りあえずベッドに横になる。色んな考えが頭をグルグルしてしまうので取りあえず携帯やWiFiを充電し、シャワーを浴びて寝ようとする。が、頑張って寝ても1時間くらいすると目が覚めてしまう。無事に楽器が戻ってくる夢。二度と戻ってこない夢。これは多分もう寝ようと思っても寝れないな…。どうする…?
現地時間の深夜。目覚めて考える。何か動けることはあるんじゃないか…?

!今日本は昼だ!

んで今日は兄貴が休みだ!
さっそくメール発射。念の為に海外からでも通話できるようSkypeを登録しておいたのだが、さっそく役に立つ時が来た!メールにてSkypeにログインしてもらうよう頼み、通話。こういう時に日本語を聞くと落ち着くw
・ロストバゲッジ喰らった
・航空会社に連絡して状況確認を急いで行うよう指示してほしい。
この二点を伝える。

朝が来るととりあえず食べ物を買う。もう英語で会話する気力なんてなかったのだがそうも言っていられない。洗面具も買う。具体的に動くことができてくると少し落ち着く。かなんKちゃんにもSkypeで連絡。
それから、Japan Ireland Travelに連絡。この旅行会社は日本人が常駐している会社で、ブログ主もリバーダンスチケットの代行をお願いしていた。前日に今回のことについて相談すべくメールしていたのだが、改めてSkypeで連絡を取る。
メールにてある程度状況を把握してくれており、エアリンガスへの連絡を取ってくれるという。
今回の旅行で、ジャパン・アイルランド・トラベルさんには非常にお世話になりました。こういった場ではありますが厚く御礼申し上げます。
さぁ、賽は投げられた。

兄からの連絡。KLMは月曜日にならなければ詳細が分からないという。正直こういった件については土日とか関係ないと思うのだがどうよ?
他にも兄の友人に空港で働いていた人間がおり、その人に連絡を取って対策などを調べてくれていた。ありがたい。

そしてジャパン・アイルランド・トラベルさんより着信。
「荷物は二つともアムステルダムにて確認し、現在ダブリンに向けて輸送中とのことです」

この戦取った!

今日中にはホテルに届けられるという。それ以前に所在がはっきりした、というのが非常に大きい。空港で盗難にあっていたとか、完全に見失われたというわけではなかったのだ。
手元に届くまでは安心はできないが、格段に心が軽くなった。

と、いうわけで大学周辺をしばらく散策。何もなかったがw
IMG_1324.jpg
荷物の所在が分かってホッとしたところで寒いもんは寒い。
このころには売店でタバコくれとか言った挙句にインド人の店員と雑談する心の余裕が生まれていた。いや、超ブロークンイングリッシュではあるがw

夜寝れてなかったので取りあえず昼寝なんぞしつつ。
今夜はリバーダンスを観劇する予定だったが、これで安心して観ることもできる。
夕方になって再度ジャパン・アイルランド・トラベルに連絡。今日の夜にホテルに荷物が届くと言う。
リバーダンスの後帰ってきてもフロントはしまっているので明日の受け取りになるだろう。
フロントにその旨を伝えて、ガイエティー劇場へと移動することにした。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment