真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

ゴールウェイのセッション続き

と、いうわけでTaaffesでのセッションが終わり、時間は19時になっていた。
この後は21時半からまた別の場所でセッションがあるということで一旦解散…の前に次のセッションの場所を教えてもらう。

んで、21時半にそのパブで集合…したのだが。
そこには10分くらいしかいなかったし…。その後ゴールウェイ滞在中に行かなかったので…
名前が分からん…w
IMG_1377.jpg
そんなセッション中のひとコマ。


その後はThe Crane Barというパブへ移動する。おっ。これはこっちのTミーが「絶対行けっ!」つってたパブやん!
IMG_1423.jpg
毎日!21時半からセッションをやっているパブ。2階建てでセッションは2階でやってます。
上がってみると既にたくさんの人がスタンばっている。どうしよ?参加するの?
と言いつつ結局参加wまだこの頃はビビってますw

日本人の女性フィドラーYさんもいました。ごあいさつ。けっこう日本人もいるのかなぁ。
と、いうか後で気付いたがゴールウェイのセッションはアイルランド国外から参加している人もたくさんいる。
実は国際色豊かな街なのだ。

セッションホストは二人かな?フルートのジョージとはこの後も結構絡むことになる。
今回のセッションは比較的知ってる曲も出てきて結構楽しい。
これまた後で知ったことなのだがThe Craneのセッションは割とゆったりめのテンポを取ることが多いので入りやすいそうだ。

大人数でセッションは進む。
合間におばあさんが"Danny Boy"を歌う。市井の人が物凄い表現力を持って歌うのがアイルランドの物凄いところだ。
もう一人、じいさんが歌を歌い、サビでは皆が大合唱する。なんという。なんという幸せな光景なのだろう。
ここでは本当に音楽が愛されているのだ。
よかった。アイルランドに来て本当によかった。心からそう思えた瞬間だった。

問題は、めっちゃ遅くまでセッションやってることだけだw眠いのよマジでw
スポンサーサイト

 Session & Live

0 Comments

Leave a comment