真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

ゴールウェイ5日目…のセッション!

はてさて、今日もTaaffesでセッションです。
IMG_1370.jpg
ホストはまたまたアンダースとMさん。
フルートとバンジョーをプレイするカイルもいます。
更にイスラエルから訪れているフルート・フィドルの夫妻に
デリーからバンジョーを携えてやってきた少年。

同じ場所でも日が変われば面子も変わる、というのは当たり前かもしれませんがやっぱり面白い。

アンダースは相変わらずノリノリのプレイ。
ひとしきりプレイした後、少年に「なんか弾いてみないかい?」と尋ねます。
それに応えて少年もバンジョーを弾く。
うーむ、微笑ましいw

少年の出すチューンは割とブログ主も知ってるチューンが多くて助かりましたw
怪しいアジア人に話しかけてくる少年w
「どっから来たの?」

「日本からだよ。君はどっからだい?ゴールウェイに住んでるの?」

「ううん、僕は北アイルランドから来たんだよ」
Northern Ireland…。その言葉を聞いて、やはり少し考えてしまう。ブログ主は今回、北アイルランドに行く予定はない。日程を考えればそこまで廻る余裕がないというのが正直なところではある。北アイルランド問題については、今回は考えないでおくと決めていた。廻るのは北ではないし、正直その問題について触れるのはリスキーでしかないと思ったからだ。その話題についていける英語力もまぁ、ないのだが。

「そっかー。結構遠いところから来たんだねー」

「あなたの方が遠いじゃないか(笑)」

「あっはっは」

こんなやりとりをするのが精いっぱいだった。この後、この子のお母さんにも話しかけられた。
この子と一緒にプレイして楽しかった、ということを告げた。彼ら家族はデリーからゴールウェイまで来ているらしい。きっと、今は北アイルランドも平和になってきているに違いない。そう祈りたい。
神様、この幸せそうな家族が彼の地で平和に暮らせますよう―

柄にもなく、そんなことを祈った。

その後はTig Coiliに移動。
ここでは今日、割とモダンなチューンをやるセッションが行われているらしいという、Kちゃん情報だ。
きっと、ブログ主好みなんじゃないかなぁ、ということで。
んじゃー、行かなきゃ、でしょ。

Tig Coiliでは綺麗な女性フィドラーがホストのセッションが行われていた。
フィドラーのプレイも印象的だったが、ブズーキがひたすらにリズムを刻みまくっているのが印象的だった。
その刻みがものすごく音楽に躍動感をもたらしていた。
確かに、他のセッションとはまた違った色合いだ。
Taaffesの後に着たのでこのセッションも間もなく終わった。
では、ホステルに戻って一寝入りしよう。
10時から、またここで同じメンバーのセッションがあるようだ。

ここで、寝てしまったのが大間違い。
なんとか10時に起きたのだが、もう眠いのなんのw
体を引きずるようにしてTig Coiliに移動w

着いたはいいけど、この場で寝てしまいそうなくらい眠気に襲われてる状態。
必死こいて一生懸命セッション聴いて、力尽きてホステルに戻って撃沈。

そんなこんなで5日目の夜も更けてゆく…。
スポンサーサイト

 Session & Live

0 Comments

Leave a comment