真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アイルランド横断レンタカーの旅 1日目 モハーの断崖編


View Larger Map

「だんがい」って入力したら「弾劾」って変換されて戦慄したブログ主です。おこんばんわ。
一日目もようやくラストです。ついにモハーの断崖に到着!
IMG_1601.jpg
資料センターに行って、それから断崖に行くという流れ。6ユーロ也。
「前来た時お金取られんかったのに~」と叫ぶKちゃん。まぁ、こんだけ観光客が見込めるならそら金取るよなぁ。

資料館には例によって例の如くモハーの断崖周辺の動物相についてのコーナーもあるのだが、Lがその中の動物の一つに目を奪われたようだ。

682px-Atlantic_Puffin.jpg
「このトリキモくない?」

「確かにちょっとキモいねw」

「マジキモいよこれ。なんなんこの鳥?」

まさかこの鳥もここまで東洋人にディスられるとは思ってもなかったであろう。
699547107.jpg

キモい鳥がそこらへん飛んでるかもしれないという期待に胸膨らませるLと共にモハーの断崖へ。
IMG_1607.jpg
とても…断崖です…。落ちたら死ぬな、コレ。

IMG_1609.jpg
と思ってたらこんな標識が。日本人的な感覚だとまずは柵を立てるとかの対策を取るのだろうが、ここでは景観第一のようだ。まぁここで変なはしゃぎ方してモハーに散るアホウの為に景観が犠牲になるのもねぇ。

IMG_1616.jpg
夕日に照らされる断崖は雄大な光景だ。自然が磨き上げた芸術品、と言っても過言ではないだろう。
圧倒される眺めだ。

IMG_1611.jpg
バレンに続いて何とも荒涼とした景色だが、何故か不思議と落ち着く。

IMG_1621.jpg
巨大な水たまり、というかなんというか。

IMG_1624.jpg
FFのラスボスが降臨しそうな光景。ほら、6のアレとか。


ひとしきり、モハーを堪能した後は宿を求めて一路ドゥーリンという村へ向かう。
エニスにいる間にここのユースホステルをあらかじめ予約しておいたのだ。
家族向けの部屋があいていたのでちょうどよかった。

ホステルに着くと、そこの親父はこれからお見合いパーティーというかそんな感じの祭りに参加して来る!といって去ってしまった。適当過ぎる。

ホステルはロッジ風というか、とてもいい雰囲気だったのだけど写真撮るの忘れました。Oops!
バックパッカーのイタリア人と仲良くなる。
彼は金がないからここの庭にテント立てて、そこで寝るとか言っていた。
IMG_1626.jpg

…これはイタリアンジョークか何かか?気温は日本の11月並みである。
からかわれてるのか、それともマジなのか。ブログ主には判断できませんでしたわ。

そんなこんなで、一日目が終わる。ずっと運転しっぱなしだからちょっと疲れたかなーw
スポンサーサイト

 旅行

0 Comments

Leave a comment