真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アクロポリスにて その1

いよいよギリシャ最大の目的地、アクロポリスへと向かう。最悪アクロポリスだけで一日潰すスケジュールを組むくらいには気合いを入れている。ホテルの兄ちゃんに「アクロポリス行ってくるよー」というと満面の笑みで「グッド!」と返されたw
正確にはアクロポリス周辺の遺跡を見て回る、ということになる。

アクロポリスとは、「高いところ、城市」という意味があるそうだ。様々なポリスに存在したのだが、現在我々がアクロポリス、と呼ぶ際は「アテナイのアクロポリス」を指すことになる。小高い丘の頂上に建てられたパルテノン神殿は、現代においても知らぬものはないと言っても過言ではないと思う。

モナスティラキに宿を取った理由の一つに、アクロポリスまで近いというのがあったが、実際には近いどころか歩いて行けるレベルである。
行く前に喫茶店で軽く食事を取り、ミネラルウォーターも2本仕入れておく。普段使ってる売店は日曜なので閉まっていた。お姉ちゃん美人だったのに。

まずは、先日もちらっと見たローマン・アゴラから攻めることにする。
大まかな出入り口やチケット売り場は地球の歩き方にも載っていたのだが、よく分からないのでとりあえず突撃。前にチラッと見ていたこともあって容易に辿り着いた。
すぐそばの教会では日曜日ということで礼拝が行われていた。

チケット売り場が分からないのでとりあえず中に突入。
案の上、呼び止められたので「チケット持ってないんだ、どこで買ったらいい?」と聞く。
作戦通りチケット売り場が判明したのでアクロポリス周辺のさまざまな遺跡が見られるチケットを12ユーロで購入。
再びローマン・アゴラに行ってチケットを見せると、向こうもニヤっと笑って「おーけー!」と言ってくれた。

ローマン・アゴラ入口の門。ちなみにまた大量の写真貼りますw
IMG_2189.jpg
以前の記事でも書いたのだが、アゴラというのは集会場だったり市場だったりしたらしい。当時は買い物は男性の役割だったらしいのだが、買い物の傍ら討論をしたりしていたらしい。

IMG_2194.jpg
かつてはこの柱の向こうは活気が溢れていたのだろう。

IMG_2201.jpg
神殿の跡だろうか?

IMG_2207.jpg
奥に見えるのは「風の神の塔」。

IMG_2216.jpg

IMG_2219.jpg
かつてはこの塔は日時計・水時計・風見の役割があったそうだ。
塔の上部に施された彫刻は今なお見事だ。

この、ローマン・アゴラだけでもなかなか見ごたえがある。街中にこのような遺跡が残っている、というのもすごい話だとは思う。
次はいよいよアクロポリスへと向かう。丘の上ということで、少し時間はかかりそうだ。
スポンサーサイト

 旅行

0 Comments

Leave a comment