真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アクロポリスにて その5

古代アゴラ。それはローマン・アゴラより更に前の時代のものになる。
アゴラについての説明は以前の記事に書いた通り。
このアゴラでは哲学者ソクラテスやプラトン、歴史家のヘロトドスなども活躍していたという。
古代ギリシャ文明を代表するビッグネーム達だ。

アクロポリスに行く途中の坂に出入り口がある。或いは、町側からも入ることができる。
ブログ主はアクロポリス側から入っていくわけだが、受付には誰もいない。
どの道チケット自体は買っているのでいいや、と思って気にせず入場することにする。

IMG_2392.jpg
しばらく坂道を下っていくと大きな広場に出る。ここが古代アゴラだ。

まずはアタロスの柱廊に行く。ここは完全に修復されていて、古代アゴラ博物館を兼ねている。
IMG_2394.jpg
ここには古代アゴラで発掘された彫刻などが数多く展示されている。

IMG_2404.jpg
これはアフロディーテの像だと思われる。勝利の女神ニケをはじめとして数多くの女神像が展示されているが、いずれも首や羽などが欠けてしまったものが多い。やはり胴体部分が強度的には強いのだろう。
首から上も残っている彫像もある。だが、その多くもちょうど顔面が削り取られたかのように欠けている。
長い時間の末に劣化したのかもしれないが、戦争の際に占領軍に削り取られてしまったのかもしれない。
いずれにしろ、歴史とは残酷なものだ。

IMG_2408.jpg
もちろん、綺麗な形で残っているものもある。というか、何かで見たことある光景だ。誰だっけ、これ?w

IMG_2410.jpg
二階にも色んな彫像が並んでいる。静かに佇む発掘物を眺めていると、時間の流れを忘れそうになってしまう。

更にアタロス内部にも入ることができ、そこにはサイズの小さな発掘物が収められている。
博物館としては小規模な部類にはいるが、その展示物は非常に興味深いものだ。

IMG_2418.jpg
アグリッパの音楽堂の横を通って、ヘファイストス神殿に向かう。
スポンサーサイト

 旅行

0 Comments

Leave a comment