真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

Journey Back to Japan

5時半に起きる。国を跨ぐ移動日はだいたいこんくらいに起きないと行けない。
KLM、エアリンガスのコードシェア便で帰るのだが、今回はオンラインチェックインができない。
余裕を持ってダブリン空港に着いておかないといけない。

いよいよ、帰国の日がやってきた。

IMG_2554.jpg
霧雨がパラつく朝の6時半。人影もまばらだ。ダブリンバスは路線がたくさんあるので、移動の度に頭を悩ませてきたが、それも今日が最後となる。

バスは定刻通りに来る。
IMG_2555.jpg
こんな光景を見るのも今日が最後なのだ。
目に焼き付けよう、だなんて気持ちはないのだけれど。それでもずっと窓の外を眺め続ける。

IMG_2560.jpg
ダブリン空港には7時くらいに着いた。出発は9時40分の予定なのでゆっくりできる。
この景色を見るのも4回目か。これでとりあえずは最後になる。

カウンターでチェックインするのは実は初めてなのだが、まあまあすんなり行ったと思う。スーツケースとフィドルを預けて、とりあえず食事に向かった。

IMG_2562.jpg
最後はやっぱり、アイリッシュブレックファストで〆ておきたいところだ。
何のことはないブレックファストなのだけど。

時間は余裕があるので、ゆっくり免税店も見て回れる。
今日のダブリンは静かな曇り空。お別れするには頃合いの天気かもしれないな、なんてことを考えた。

エアリンガス機は定刻通り飛び立った。


さよなら、エリンの地よ。本当に実りある旅だった。
また、きっと俺はここにやってくる。



1時間半ほどのフライトで、飛行機はアムステルダム・スキポール空港に到着した。
どうにもロストバゲッジのトラウマが頭をよぎるが、今回は前回よりトランジット時間が長いから大丈夫だろうと思う…w

IMG_2570.jpg
チェックインし直す必要もなく、荷物も福岡空港までスルーなのでやることがない。免税店を回るくらいだ。
スキポール空港はハブ空港としての役割が非常に大きいのだが、それ故に移動しやすいように設計してあるらしい。最初に到着した時は右も左も分からなかったが、今となっては大して迷うこともない。

のんびりと、福岡空港行きの搭乗ゲートへと向かう。
IMG_2572.jpg
ボディチェックも特に問題なくクリア。待合席でしばし待つ。
…のだが、なんだか。なんだか、とても違和感がある。

なんだろう、この居心地の悪さは。

周りに注意を払ってみると、ほとんどが日本人。聞こえてくる言葉も日本語。
仕方のないことではあるw
今までこの3週間、日本語が聞こえてくると「おお!!」と思うくらい日本語はレアな言語だった。
たったの3週間ヨーロッパにいただけで異邦人気分を味わうとは。思わず苦笑してしまう。

飛行機に乗り込んでも、もちろん日本人が多い。機内アナウンスも英語と日本語の双方で流れる。英語聞きとれないからありがたいことではあるがw
「日本」が近付いてきている。旅が終わることを否応なしに実感させられる。

やがて、飛行機は轟音を上げて加速を始める。重力を振り切った翼は、故郷へと進路を取った。

IMG_2576.jpg
スポンサーサイト

 旅行

0 Comments

Leave a comment