Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

アイルランド 雑感 -観光編

  • CATEGORY旅行
  • PUBLISHED ON2013/ 10/ 08/ 22:29
  • COMMENT0
「かんこうへん」を変換したら肝硬変と変換されました。健康には気ぃつけなというIMEなりの気遣いなのでしょうか。

前の記事ではセッションに付いて書いたので、今回はそれ以外のことについて書いてみようと思います。

・ダブリン
空港からのアクセス
エアリンクっつーバスがあります。番号は747、6ユーロ也。市内中心部までさっくり乗せてくれます。
バスに乗る際は料金先払い。お釣りのないように。
タクシーもぼったくりとかはないと思います。


市内移動
詳細は「地球の歩き方」に書いてありますが、ダブリンバイクスというレンタサイクルがあります。要クレカで、デポジットも必要ですがダブリン市内をチャリンコでうろちょろできるのは便利です。中心部はこれで回れます。
バスは料金を調べとく必要があるのと路線がたくさんあるのでちょい面倒。

一番印象に残ったのはやっぱリバーダンス。見たい人は公演日程を調べてから行きましょう。
ガイエティ劇場はそんなに大きくないですけど、それ故に前の席が取れたらド迫力!
ブログ主がチケットを取る際に使った旅行会社は下記で紹介したいと思います。


・ゴールウェイ
ダブリンからはシティリンクという直行バスがあります。空港発と市内発があったハズ。
料金は確か15ユーロくらいだったはず。3時間くらいかかります。バス内に無料WiFiが飛んでますが、田舎を走ってる時は通じまへん。

市内移動
セッションがあってるパブとか、主な観光名所は市内中心部から徒歩で移動できます。
ブログ主はBarnacles Quay Street Houseというホステルに宿を取りましたが、市内中心部ど真ん中なので移動はかなり便利でした。外が夜遅くまでうるさいけどねw

セッション
ブログ主が主に行っていたパブは3件。

Tig Coili
IMG_1384.jpg

Taaffes
IMG_1370.jpg

The Crane Bar
IMG_1423.jpg

の3つです。The Crane Barだけ少し外れた場所にありますが、中心部から徒歩で10分くらいです。
TaaffesはTig Coiliのすぐ近く。

・レンタカー
日本と同じく右ハンドル。しかし、ウィンカーとウォッシャーのスイッチが左右逆なので慣れるまで少し混乱しますwアイルランド人は結構飛ばすのでちょくちょく路肩に入って後ろに道を譲ってましたw
シャノンで車を借りてダブリン空港で車を返しましたが、こういうレンタルの仕方もできます。ちなみにオートマは少ない上に結構高いです。オートマを借りるつもりなら早めに申し込んだ方がよさげです。
あと、空港での返却は場所が分かりにくいので早めに行った方がいいですorz
ラウンドアバウトは先に入ってくるくる回ってる車を優先する、と覚えておけばそんなに苦労しないと思います。
ダブリン近郊の高速道路のみ、料金の取り方がめんどくさいところがあるので注意!(M50の有料区間)

・バレン国立公園
「巨人のテーブル」が見どころ。といってもそんなにデカいわけでもない。このブログでの写真がデカくみえるのはブログ主の撮影テクニックなのだよ!(ドヤァ
でも割と必見w

・モハーの断崖
断崖です。といっても日本じゃなかなかお目にかかれない光景。夕方行ったら神秘的でしたw
バレンから近いのでレンタカーなら一日で回れると思います。

・イニシア―島
寝てたorz

・ウェストポート
マット・モロイのパブはオススメ!移動に結構時間がかかるのが難点かも。車じゃないとキツいかもしれない。ゴールウェイから3時間ほどで着きます。時間があればスライゴーによるつもりでした。

・ニューグレンジ
回るだけで2時間くらいかかるので余裕を持った計画を立てましょうorz近くにはU2が録音に使ったスレーン城もあるので時間があればかなり見どころがあると思います。


リバーダンスのチケットについてですが、取り方がよう分からんかったのでジャパン・アイルランド・トラベルという旅行会社に代行してもらいました。
こちらにはロストバゲッジの際に空港と連絡を取ってもらったり、その他の件でもとても親切なご対応を頂きました。
もし、これからアイルランドに行かれるならこちらの会社に相談されるとよいと思います。
Skypeでも連絡が取れるのでスマホとWiFiがあれば電話連絡できるのもとても便利でした。
ニューグレンジへのツアーもあるみたいなので、次回ニューグレンジに行くならお願いしてみようかなと思いますw
連絡する際は現地との時差だけは気をつけましょうw

ジャパン・アイルランド・トラベル公式サイト

IMG_1573.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment