真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

フィンランドの民族音楽

このところ、ツイッターでフィンランドの民族音楽が好きだという方と交流を持つ機会がありまして。
ブログ主もフィンランドの作曲家シベリウスが好きなので、TLが大いに盛り上がりました。
そいでもって、ブログ主ともう一人のシベリウススキーな方とオススメCDについて話したりしつつ、現地の民族音楽について教えてもらいました。
その中からJPPというバンドを検索。



んでこの曲を発見したのですが、何というか。
すごく…シベリウスっぽいですw
シベリウスが現地のフォーク・ミュージックから影響を受けていたんだなぁ、ということを確信してしまいました。

現地のフォークを教えてくれた方はこれがお気に入りだそうです。

フィンランドにもフィドルの伝統がやはりあったんだなぁ。アイリッシュと共通するスピリットもどことなく感じます。装飾音のスタイルなどは違いますが、これはバグパイプ系の楽器が発展してたかどうかの違いなのでしょうか。

深くおっかけようとするとエライことになりそうですが、少しフィンランド音楽にも興味が出てきました。
こういう情報を教えてもらえることこそがインターネットの華ですねw
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment