Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

ジャムにかける誇り

「英国式朝食」の終えん?=ジャムの規制見直しで論議 - 時事ドットコム

こないだ英国に行ってきた身としては気になるようなならないような、そんなニュース。
イギリスと言えばメシがマズいと、一部では「パスタがないなら降伏すればいいじゃない」のイタリア並みにネタとして扱われています。
食品偽装がまたもや話題になっている日本が人のこと言えんのかwという気もしますけどw

今回の旅行については英国で口にした食べ物は空港で買ったサンドウィッチとマクドナルドだけという、ネタにならないものしか食べてないので正直なところよく分からない。いや、時間があればそこらへんの定食屋っぽいところに突撃してイギリスらしさを味わいたかったんですけどね(ゲス顔

アイルランドでジャムが出てきたかと言えば「そーいえば出てきたよーな気もする」くらいの記憶しかないんですが、イギリスだとブレックファストに加えてティータイムでもジャム大活躍だから死活問題なのかもしれない。
イヤなら自国産のジャム買えばいいじゃねーかっつーツッコミはこういう場合は得てして通用しないのでしょう。
余談だけど、アイルランドはティータイムとかあるのかしら?カフェテラスは昼から夕方までけっこうごった返してたけど。所謂英国式ティーセットみたいのは見なかった。

自国食文化の誇り、というよりかは論争好きな国民性がこういう議論を巻き起こしてるような気もするけど、多くの外国人はきっと「問題はそこじゃねぇ」と心の中で突っ込んでいるのではないかとワクワクしてしまう今日この頃である。

ブログ主的には同じくメシの評判は割と微妙なアイルランドで何とかなったのでイギリスも多分イケるだろうと踏んでます。今後行く可能性があるかは知らんが。
大切なのは「覚悟」と「諦め」じゃよ、諸君。

とかいいつつもマズいと評判のベイクドビーンズ、けっこう美味かったけどなー。多分あそこらへんの国はメシマズを突っ込まれ過ぎて多分本格的に改善に取り組みはじめてるっぽいです。なので「覚悟」と「諦め」を完了すればきっと君もダイジョーブ!

なんだかんだアイルランド行った人たちからはメシがヤバいっつーのはあんま聞かなかった。多分そこらへんはハナっから当てにしてないんじゃなかろーkメシ目当ての人は大人しくフランスかイタリアに行くよろし。

こんな記事書いてっとまた外国に行きたくなっちまうなー。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment