Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

アイルランドニュースいろいろ

彼の地を離れて2ヶ月近く経ちますが、一回足を運んだだけにアイルランドのニュースがどーにも気になります。


EU、アイルランドの経済成長見通しを下方修正 - Wall Street Journal
リーマンショック以前は「ケルティック・タイガー」と称されるほどの急速な経済成長を遂げていたアイルランドも、未だ不景気の傷痕から抜け出せていない。

日本のティン・ホイッスル/アイリッシュフルート奏者のhataoさんもコンサートの際に「街に落書きが増えたし、就職できない若者も増えた」ということを語っていたが、今年行ってみた限りではゴールウェイその他の都市では落ち着きが見られた。ブログ主はダブリン・ゴールウェイ・エニス・ドゥーリン・ウエストポートを周ったが、ダブリン以外ではあまり切羽詰まったものは感じなかった。ダブリンはさすがに浮浪者も多く、地域によっては少し怖いところもあったが。

少しずつアイルランド経済は回復の兆しを見せているとの報道を見たが、上記の記事を見る限りまだまだ先は長いようだ。とは言えその後周ったギリシャなどを考えるとまだまだ余裕があるのではないかと思う。


・アイルランドのロマ夫婦から「保護」した少女、実子と判明 - CNN
一言で言えばアイルランド警察のチョンボだがwそう笑って済ませられない事情がヨーロッパにはある。

「誘拐疑惑」ロマ人はなぜ今たたかれるのか - Newsweek

フランスでロマの少女がコソボに強制送還されたり、ギリシャのロマ夫婦が子供を誘拐していたりと、ここのところロマがニュースを騒がせている。アイルランドにもいる、というのは少々以外ではあった。ギリシャでは多分ロマかな、という老婆に絡まれたりしたので印象はあったが。正直、差別というのがあるのも分かるがしかし…というのがブログ主の正直な感想ではある。

ギリシャやイギリスは移民をかなり受け入れていた国ではあったが、もともとの住民と移民の間に色々と問題を抱えているのではないか?というのが正直な印象ではある。変に悪印象を与えるのであまり書きたくなかったのだが、移民の犯罪率が高いのは事実のようだ。それに加えて経済が苦しくなれば攻撃の矛先はやはりそちらに向いてしまうだろう。
「ロマだから」で判断するのではなく、お互いに冷静な対応を取ることが望まれると思う。



・『Mステ』出演で人気上昇した平均年齢17歳のUKバンド - MSN
The Strypesというバンドだがかなり若いグループのようだ。ブログ主もつい最近知ったのだけど、若々しい鮮烈なプレイをしている。


Mystery Man - The Strypes

音楽ジャーナリストからは60年代ロックの影響が指摘されている。確かにキンクスなどの影響を感じるが、ジャムなどのパンクの影響もかなり大きい気がする。UKではやはりこういう血脈のロックバンドは人気が出る。


Blue Collar Jane - The Strypes

もちろん、ただ影響を受けているというだけでなく演奏技術もなかなかのものだと思う。ドラマーが上手く脱力したプレイを見せている限りただの若さ爆発バンドではないと思う。超絶技巧的なプレイは今のところ見当たらないが、本来のUKロックならばそういうのは必要ないだろう。クリス・トーマスがプロデュースしているというのも気になるところだ。

インタビューもチラッと読んでみたがやはりビートルズやストーンズを相当意識している。最近の若い子たちはあまり60年代ロックに興味を持ってないのかなぁと思っていたのだが、こうして今も新たな種を蒔いているというのは本当に嬉しいことだ。


スナップショット デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)スナップショット デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)
(2013/09/11)
ザ・ストライプス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment