Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

明日はマッカートニー

  • CATEGORYRock/Pops
  • PUBLISHED ON2013/ 11/ 15/ 01:05
  • COMMENT0
遂に、明日彼と会える。



とか書くと夢見る乙女ちゃんみたいだが。



明日は福岡ドームでポール・マッカートニーのライヴだ。
前回福岡に来たのは確か"Flowers in the Durt"ツアーだと思っていたが、調べてみたら93年の"Off the Ground"ツアーだった。20年ぶりというだけでもすごいのだが、前回の時点で既に大御所ミュージシャンだったと考えるとさらにすごいな。

ブログ主がビートルズに出会ったのは95年。19年近くの時を経ての邂逅になるわけだ。
部屋のステレオで"Let It Be"が鳴ったその時こそが、俺にとっての人生変革の瞬間だった。
大げさだと言われてもいい。感傷だと言われてもいい。だって、それから19年音楽やってるんだ。あれが変化でなくて何だと言うんだ。

あれから、メイン楽器はだいぶ変わった
ピアノ→チューバ→ヴィオラ→フィドル。変わったけど、根底にいるのが「あの4人」ということは決して変わらなかった。あれが始まりだったからこそ音楽を諦めずに続けられているんだと、今でも確信している。

あの時は高校生。今でも思い返せる、ワクワクしながらピアノに向かっていた日々。楽しくて仕方なかった。
音楽理論?和声?なんすかそれ食えるんすか?みたいな状態だった。何も分からないからこそ、無敵だった。
だって「あの4人」もそんなワクワク感を味わいながらやってたに違いないんだから。

正直、明日に迫ってきても現実感がない。終わった後、満足するか肩透かし食らうか、不安なところではあるw

だけど、あの高校時代の自分を思い出せるんじゃないか。なんとなくそんな気がしている。
ピアノ弾きまくって、吹奏楽部でやらかしまくって、中古CDショップでCDと3時間にらめっこしてたあのバカバカしくて素敵な時間。間違いなくその青春のBGMを奏でていたのはポール・マッカートニーなのだから。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment