真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽器紹介 ティン・ホイッスル編

800px-Tin_Whistles_2013111920501368d.jpg
色んなキーのホイッスル


ティン・ホイッスルは言葉の通り「ブリキの笛」。
6つの穴を塞いだり開けたりして音程を変えます。リコーダーみたいな感じで音を出すだけならやりやすい楽器だと思います。
アイルランド人はだいたいが最初にまずこの楽器を始めるそうで、それから他の楽器に分岐していくようです。
それだけ取っ付き易い楽器ではありますが、いかにもアイルランドらしい哀愁がありつつも素直な音が出るのでとても人気の高い楽器です。
また、アイリッシュ・フルートやイーリアン・パイプなども運指がだいたい一緒なのでそういう意味でも入門に向いているようです。

音を出しやすい、と書きましたがその分音程・音色のコントロールは難しくピョロロっと吹けばすぐ上手くなるわけでもありません、念の為w
安価でシンプルゆえに、多少融通が効かないところもあります。

一番使われているのはD管(D Majorが吹ける管)ですが、別のキーの管もあります(E♭管など)。
現代の管楽器では一つの間で色んな調性に対応できますが、ホイッスルは遠隔調に飛ぶと持ち替えが必要になります。そういう意味では古楽器に近いかもしれないです。
とは言っても、基本的に安価なので複数のホイッスルを持つのもそこまで大変じゃないと思います。

基本的な役割はメロディ。非常に小回りが効く楽器なので装飾を多用することができ、他のメロディ楽器の上に上手く乗っかるとすごく浮遊感が出ます。エアーで柔らかい音色でこの楽器が演奏されるととても印象深い音色となります。

同種族の楽器にロウ・ホイッスルがあります。こちらは通常のホイッスルの倍くらいの管長があり、音もだいぶ低くなります。
映画「タイタニック」主題歌"My Heart will Go on"のイントロに使われているあの印象的に揺らぐ音はこの楽器での演奏です。
「リバーダンス」の"Reel around the Sun"冒頭にも使われてます。
ロウ・ホイッスルは基本エアーに使われます。

ティン・ホイッスルは箱崎水族館でも教本付きで販売していますし、ケルトの笛屋さんのようにインターネットでの販売を行っているところもあります。
一般の楽器店でも売っていることがあるのでかなり手に入れやすいと思います。


ジグの演奏。ピッコロフルート的な音が出ます。ピッコロほどではないけど機動力に富んだ楽器です。
スライドを効かせたエアーをプレイするととても魅力的な楽器です。


こちらはロウ・ホイッスルのエアー。好きなんです、ロウ・ホイッスルの音色w



地球の音色 ティン・ホイッスル編(CD付)改訂版地球の音色 ティン・ホイッスル編(CD付)改訂版
(2010/04/20)
hatao(畑山 智明)

商品詳細を見る



CLARKE ティン・ホイッスル 教則本セット CD付CLARKE ティン・ホイッスル 教則本セット CD付
()
Clarke

商品詳細を見る
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment