真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

これからの活動を考える

今年も残り1ヶ月ということで、ぼちぼちいろいろと振り返ったり、これからのことを考えたりするワケです。
振り返る、となればまずは元旦。一日の計は元旦にあり!ですからな。

~今年の1/1のエントリより

・オリジナル曲をたくさん作る
・アドリブ力を高める
・色んなジャンルに対応できるようになる



…。

かろうじて以前よりかはアドリブ効くようになったかなくらいでしょうかね。多少ですけどね。
なんでしょうね、この有言不実行っぷりはね。政治家を叩けませんねこれは。

レパートリーを増やす、というのは前提条件としてあったのですが、こちらはだいぶ増えてきてます。
3~4時間のセッションを回してまだ演奏してないチューンがある、ていうのが最近の状態なのでレパートリーの増加だけは胸を貼ってよいと思う。エッヘン!
なんとなくこう弾いたらいいのかな?ってのが掴めるとレパートリーは結構増えます。あと、なんだかんだかなんとこんばんどんセッションで鍛えられたなぁ、と思いますw

さてさて、これからどうしよっかなぁ~という感じなのですが。
アイルランド行く前はライヴやりたい!ってのが結構あったんだけど。
帰ってきて思うのはライヴよりセッションがやりたい!ってことですね。これは何気に自分の中では明確な変化です。やっぱセッションこそがアイリッシュのキモかなーと思うし、何よりやってて楽しいのです。
この変化は自分の中ではかなり意外だったw
周りのアイリッシュ好きはKちゃんにしろTミーにしろセッションがいい!って言う人が多かったのだけど、少しは近付けたのだろうか?w

なのでまずはレプラコーンや箱崎水族館のセッションが楽しくやれることを第一に考えようと思います。
これは自分だけが楽しくてもダメなんだけど、逆にそれにとらわれ過ぎていたような気もします。
自分が楽しければ多分周りも楽しいだろ、多分w
あとはもっと福岡のアイリッシュスキーな人たちと友達になりたいな。そういう出会いが今年は多くて、それが刺激にもなり為にもなりました。そういう人たちとたくさん友人になることで自分が自分たちだけの殻に閉じこもってしまうことも防げるんじゃないかと思います。

とにかく内輪だけのセッションにはしない!セッションは色んな人と関わりあえる場だからそれを大事にしたい。
ここで書いてることもブレるかもしれないwが、聴いてくれる人や興味を持ってくれる人がいることは絶対に忘れないようにしたい。
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment