真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

Irish Jam in 箱水 その2

hakosui

ジョイントライヴの頭を飾るのは長崎のオットリーズのみなさん。
オットリーズは福岡でも定期的にライヴをやっていてこのブログにもよく登場しますw
最近はブログ主もゲスト参加させていただくことが多くなりました。

オットリーズMさんとHさんはこの年末年始にかけてアイルランドに行かれて、FBにも写真をたくさんアップされてました。
ゴールウェイの写真を見たときには懐かしさが胸にこみあげてきました、ホントw
今回はイーリアン・パイプスにドローンを装着しての初ライヴだったそうです。おなじみの"Pipers Glenn"も響きが厚くなり聴きごたえがありました。
新セットも披露と、今後もオットリーズからは目を離せませんw


お次は熊本からアイリッシュクリームのみなさん。
ブログ主もアイリッシュを始めたばかりのころからお名前はお聞きしていたのですが、今回初めてお会いし、演奏を聴くことができました。長年のキャリアを持つだけあって、ライヴを盛り上げるのがとても上手です。
MCももちろんですが、選曲などもツボを押さえてるなという感じです。
合間合間に歌を挟むのですがそれがまた素晴らしい。
幸せな初対面となりました。

アイリッシュクリームは福岡でも「HAKATA HARP」というパブで定期的にライヴをされているそうです。なかなか都合が合わず行けなかったのですが、なるべく行けるようにしますw今後福岡でライヴがある際にはこのブログでも紹介したいと思います。


さて、オットリーズさんが4人。アイリッシュクリームさんが8人とかなり賑やかにやっていただいて。
俺らは二人。
なぜ俺たちが最後なんだ!そんな魂の叫びをしつつ、ブログ主たちの受け持ち時間となったのでした。


なんせ会場が満杯でしたからね。楽器は事務所に置かせてもらってたのですけど激烈にチューニングが狂っているという実に幸先のよいスタート。温度差って怖いね。
ブログ主(フィドル)・Tミー(フルート)というメロディ楽器のみの構成。
大丈夫!パット・オコナーは小編成で素晴らしい演奏してたじゃないか!と現実逃避スレスレなやり方で自分たちを鼓舞する。

ブログ主たちのセットはこちら。
・Father Kelly's - The Salley Gardens - The Concertina Reel (reel)
・The Black Rogue - The Lost and Found - Calliope House (Jig)
・Ships are Sailing - The Maid of Mt. Kisco - The Christmass Eve (reel)
・Ships in Full Sail - The Cliffs of Moher - The Tar Road to Sligo (jig)
・The Coulin (air)
・The Red Haired Lass - The Wedding(McLeod's Farewell) - The High Reel (reel)

最初のセットは田舎っぽくゆったりしたテンポでやろう!てな感じで練習したセット。田舎くさくできたかは不明だけど…wゆったりしたテンポだとアクセントの入れ方とかメロディなんかをアドリブしたりできてとてもいい経験になったと思います。
The Coulinは緊張しました。ソロなのでw
最後のセットはかなり速いテンポ。確認してみたらLunasaのWeddingより速かったwアホやw
The High Reelではダブルを使ったプレイをやってみましたが当日考えた割にはよかったんじゃなかろうかw

一番よかったのは自分自身が心から楽しんでプレイできたことかなぁ。オットリーズさん、アイリッシュクリームさんの演奏に、そして聴いてくださるお客さんに助けられたんかなぁって感じがします。いい風が吹いてた、そう思う。


最後には3組のバンドの合同演奏。セットは…。
・The Blarney Pilgrim - The Kesh - Haste to the Wedding (jig)
・Kerry Polka - Britches Full of Stitches - John Ryan's (polka)

アイリッシュやってる人にはもはやド定番セットwでもやっぱ盛り上がるんだよこれ-w
総勢14名の鳴らすサウンドはけっこう大きな響きになったのではないでしょうか?
箱水のマスターに「感動的だったよ、何だか」なんて言われてやってよかったなぁと思うことしきり。

今回は九州の3つのバンドでジョイントってな形でしたが、九州でもアイリッシュ好きな人たちたくさんいるんだなぁ、と再確認。そんな感じでみんなでこれからも楽しく盛り上がっていければいいなぁと思います。
ほんとに楽しかったっすわw
んで、Tミーお疲れーw

2月は1日・15日にレプラコーンでセッション、16日に箱水セッションがあります。
3日には箱水にて守安功・雅子さん夫妻のライヴもあります。どんとみすいっと!ですよー。
これからもアイリッシュミュージックやってくので興味ある方はぜひぜひお越しくださいませませ。
スポンサーサイト

 Session & Live

0 Comments

Leave a comment