真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

シャロン・シャノン 

 

もちのロンで名前は知ってたのだけど、昨日いっしょにご飯を食べた先輩から借りて、聴いてみた。
聴いてなかったのかよ!とか言わないで…w

ライヴ・アット・ドーランズライヴ・アット・ドーランズ
(2006/10/29)
シャロン・シャノン

商品詳細を見る


このCDはかなーりモダン寄りと言うかジャズとかロックとかの要素が入ってるのでコテコテのアイリッシュを期待して聴いてみるとちょっとアレではあったんだけど…w

とかなんとか言いつつもアコーディオンでリールが弾かれると圧倒された。こりゃやっぱすごい。
ごくごく当たり前のことなのかもしれないけど、彼女のアコーディオンが聞こえた瞬間このCDはアイリッシュとして成立してる。これは一朝一夕にできることじゃないんだろうなぁ。
男性のヴォーカル曲なんかも入ってて、ロックっぽいのだけどこれがまたすごくいい。

世の中広いわ。

個人的にはもっとトラッド寄りのCDを聴いてみたいところ。TミーあたりにおススメCDを聞いてみようw
アイリッシュにおけるアコーディオン奏法に革命を起こしたというシャロン・シャノン。ちょっと興味が出てきました。
セッションの録音とか、後はトミー・ピープルズやケヴィン・バークをよく聴くようにしてたんだけど、他の楽器のスター・プレーヤーの演奏もちょっと興味出てきたw
スポンサーサイト

category: World Music

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://starynight426.blog42.fc2.com/tb.php/1973-4c71e06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top