真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽譜 - The Cliffs of Moher

ジグ"The Cliffs of Moher"です
Cliffs_of_Moher, The-1
コモンチューン(様々な地域でプレイされる有名なチューン)の基準はよく分かんないけど、間違いなくコモンチューンだと思われます。
キーはA dorian。なので最初のEをAの開放弦と一緒に鳴らすととってもいい感じです。どっちの音も開放なのでやりやすいし、重音のいい練習になるんではなかろーかと。

Bパートは2回目の後半4小節が少し形が変わります。有名どころでは"Donnybrook Fair"や"The Tar Road to Sligo"なんかもこんな感じで最後が変化しますね。



ホウイングの例としては
Cliffs_of_Moher, s1
シンプルなのはこういう形かな。慣れないと意外にこのボウイング大変みたいですが、慣れりゃ大丈夫!w
3、4拍目いずれも少し弓の重みをかけるというか、重さのストレスを感じて弾くと感じが出ると思います。

ややマニアックなボウイングとしては
Cliffs_of_Moher, s2
これまた慣れないとアレな感じですが、弓のつじつまを合わせやすくなるボウイングなのでこれで慣れとくのも手ですw



音源はこちら。やっぱ人が多いと賑やかでいいですねー。


ちなみにCliffs of Moher(モハーの断崖)はこんなところ
IMG_1611.jpg
落ちたら多分死にます
スポンサーサイト

 Irish 楽譜・録音

0 Comments

Leave a comment