真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アイルランド音楽に関する一考察

ブログ主もだいぶアイリッシュのチューンを覚えてきた今日この頃。
会社帰りの運転中、ふと気付いたことがありました。

アイリッシュ・ミュージックはタイトルが簡便に付けられたものが非常に多いです。
John Ryan's Polka=ジョン・ライアンさんのポルカとか、The Mountain Road=山道とか。
そんなこと考えてると気付いたのですが、"Maid"という単語が付いたチューンが多いんです。

"The Maid Behinds the Bar"とか"The Maid of Mt. Kisco"とか"Maid on the Green"とか"Wise Maid"とか。
パッと思いつくだけでもこれだけ。
ここから導き出される推論としては、アイルランドにもかつてメイドさん萌えというジャンルが存在したのではないでしょうか。
これは非常に興味深いことだと思われます。






…いや、今週忙しくて。あの、すいません。
スポンサーサイト

 音楽ネタ

0 Comments

Leave a comment