真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

指揮棒が刺さったでござる



はい、クラシックファン以外にもその名を轟かせてしまったバロック時代の作曲家、リュリさんです。
たまたま見つけたこの動画。


いい曲やん


バロック音楽好きにはたまらないのではなかろうか。
しかし、この動画の中でアッーな趣味をばらされたりして扱いとしては哀しい。

バロック時代の作曲家はけっこう舞曲を書いていて、んでもってリュリはダンスの方もかなり名手だったらしいです。
ここらへんの話は面白い。


音楽以外のネタで有名になってしまった作曲家と言えば最近はやりの新垣隆氏なんかでしょうが、ブログ主的にはやはりサリエリをイチオシしたい。モーツァルトをブッ殺した男として名高くなってしまったのはけっこうかわいそう(フィクションです。念の為w)。
面白いエピソードとしてはベートーヴェンやシューベルトを教えてたってところでしょうか。教育者としても高名だったそうです。迷曲?として名高いベートーヴェンのウェリントンの勝利の初演にも参加してたらしい。



オペラ「アルミード」よりパッサカリア。こういう曲、けっこう好きなんですw
古楽器オケだと思われます。弦楽器にはあご当ても付いてない。
この肩に軽く乗せてあごで挟まずに弾くスタイル、けっこう気楽に弾けるのでブログ主もけっこうやるんですけど、左手がしんどくなっちゃう。しかもこの場合、肩当ても付けてなさそうで滑らないか心配w
うまいやり方があるんでしょうけどねー。誰か教えてーw
スポンサーサイト

 Classical

0 Comments

Leave a comment