Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

2015 アイルランドへの旅 セッション三昧の始まり

思えば、前回は弾けるチューンもそんなになかった。もちろん、聴いてるだけでもすごく楽しめるんだけど、やっぱり一緒に弾きたい!という思いは強かった。なんか弾いてみて?と言われてチューンを出すこともあったが、日本に帰ってその録音を聴いた時は正直あまりの体たらくにショックを受けたものだった。

あの時から、少しは変われたのだろうか?


そんな不安が色々と頭をよぎったが、セッションが始まると全ては音楽に飲みこまれていった。




なんだこれは?すげぇ生命感に溢れた音楽だなんだこれすげぇ。
とか思いながら、気が付いたら知ってる曲があればノリノリで弾いていたw
やっぱりすげぇ。

移動の直後でけっこう疲れてたんだけど、すっごい楽しかったw


Tigh Foxのセッションの後はMさんにシェアハウスまで案内してもらう。
ホストマザー?のYさんや同居人E氏にも初対面。
ここがロンドンに行くまでの俺の砦となる。
外はまだまだ明るい。Mさんがんじゃー私はこれで!と帰宅。
もう一度さきほどTigh Foxに連れてった子と合流する予定だが合流予定は21:30。余裕だろと時計を確認すると…

20:48





何でやまだ明るいやないか!



夏の高緯度地方はマジで日が沈むのが遅い。最初の1週間くらいはこれになかなか慣れなかった。
ちなみに日本に帰ってくると19時くらいには真っ暗でまだまだ慣れない生活を送っております。


何はともあれ合流し、お次はThe Crane Barへと移動。
あんまり道を覚えてなかったので不安だったがGoogle Mapに頼ることなく到着。
方向オンチなブログ主にしてみればこれはミラクルである。
IMG_1423.jpg
ちなみに写真は二年前の使い回しである。ゴールウェイにいる間はあまり写真を取らなかったのであーる。

入口に行ってみるとアンダースがいた。働きますなぁ。
上に上がってみると、2年前のTig Coiliでフランキー・ギャビンが参加していたセッションでメロディオン弾いてたおっちゃんが!
というわけでバリバリのセッション開始!
外は寒いけど中はお客さんが多くて汗だく。こんなこともあろうかとブログ主はジャケットの下はTシャツであった。前回経験者の知恵である。


ゴールウェイは変わっていなかった。
溢れる音楽も、人懐っこさも、何一つ。
ここでしばらくの間、セッションに浸っていられることの幸せを噛みしめながら、フィドルを弾き続ける。

問題は、セッションがたくさんあることと体力を消費することである。既にヘロヘロである。体力持つのかちょっとだけ不安である(血涙)



楽しい時間はとりあえず終わり。連れてきた子は明日日本行きの飛行機に乗るそうな。
また日本でも一緒にセッションしよう!


そしてブログ主も帰宅。倒れこむようにベッドに寝転がった。おやすみZzz...
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment