真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

2015 アイルランドへの旅 アイルランド島横断紀行

さて。
ロシア人の豪快なイビキでまんじりともできなかったブログ主はいよいよゴールウェイへ戻る旅路へと向かうことにする。
ベルファスト →(2時間)→ ダブリン →(3時間)→ ゴールウェイという旅路。だいたい5時間ちょいの長旅。
早くもケツが割れる予感がするぜ。

なぜこんな強行スケジュールを組んだのかというと、二つ理由がある。
最初はダブリンではなく別の街を経由、あわよくば数日滞在してから戻ろうかとも考えていたのだけど。
ブログ主の調査能力ではダブリン経由でのルートしか見つからなかったのである。
レンタカーも考えたのだけどアイルランドでオートマ借りると結構高い。免許はマニュアルだけど10年以上運転してないので
ハッキリ言って自信がない。

また、この日のちょうど一週間前のTig Coiliのセッションでホストやってるフィドラーの音が好みだったのでそのセッションに出たい!というのがあった。
よかろう。ならば大陸?横断だ。

ベルファスト→ダブリンのバスはバス停が分かりにくい。ユーロ・バスセンター内にあるかと思ってたけど、外にあった。
そして別のバスに荷物を載せるという超ファインプレイをやらかした挙句にもう一台のバスがダブリン行きであることに気づいて慌てて荷物載せ替え。仮にあのバスに勘違いしたまま乗っていたらブログ主はどこに連れて行かれたのだろうか。

というわけでバスは毎度おなじみダブリン空港に到着。多分福岡空港とかよりもこの空港の方が利用頻度高い。
ちなみに兄とSkypeのやり取りをしていて、ちょうど福岡が台風直撃していることを知る。ざまあぁぁぁぁぁ

ゴールウェイ行きのバスが出るまで30分くらいあるから軽く食事でも調達しようと思ってたけど、チンタラしすぎて気が付いたらバス出発の時間。昼メシはチョコレートのみ。
ええ加減座りっぱなしで腰がいわされはじめたころ、やっとゴールウェイ帰還。

荷物を再び置いて、疲れつつもハイテンションでまずはTig Coiliへと向かう。
スポンサーサイト

 旅行

0 Comments

Leave a comment