Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

知らない人なんだけど

フジ“新ニュースの顔”ショーンKに学歴詐称疑惑 - 週刊文春WEB

我らがソフトバンクホークスも金銭授受が明らかになる今日この頃。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私といたしましては知らなかった振りをして巨人を煽り続けることを希望する日々でございます。

さて、久々の大型案件が飛び込んで参りました。
報道ステーションでコメンテーターをやることになってたショーン・Kという人がハンパない経歴詐称ということで大きな話題になっております。報道ステーションに相応しい人選だと思わなくもないのですが
そんなTVでも重用されている人がファンキーなくらい詐称してたとなれば、そら爆発炎上しておいしいネタとなるのがインターネット社会たる現代の世の常で、そして全く彼の存在を知らなかったブログ主のような人間にもそのやらかしを知られてしまうというわけでございます。
「Japanese Senetor was meltdown」という見出しで海外にも紹介されてしまった某野々宮元議員について最もなことを書いてたことも引っ張りだされてしまい、超特大場外ブーメランであるとともに、どの口がそんなん言うんかと思わないでもない。

「佐村河内案件」とか書かれてて思わず笑ってしまいましたけど、同じ業界の人は胡散臭さに気付いてたりするのでしょうか。
ブログ主は騒動後にこの人を知ったんですけど、知らなかったら普通にふんふん言うことを聞いてたと思います。イケメン氏ねとも思ってたと思うが
と、言うのも「佐村河内案件」で名前が出てきた佐村河内守はブログ主的には前から「胡散臭ぇーな」と思ってたわけです。
と言っても「耳が聞こえないとかウソじゃねーの?売り出す為の」くらいな当時としては捻くれた見方くらいなもんではあったんですが。嘘だったのはビビったが。

ただプロフィール見て独学でオーケストレーションがうんたらとかいうのを見た時は
「コイツはくせぇー!ゲロ以下の匂いが(ry」ではありました。
かつてエンヤの"Book of Days"を弦楽四重奏にアレンジするだけで死ぬ思いをした経験からすると、独学でオーケストレーションはかなりキツいだろう、と。
弦楽四重奏ってだけでもわけわからんちんだったのにフルオーケストラとかなったら音色が異なる管楽器のこと考えたり、どういう楽器を組み合わせたりとかも考えなアカンわけでしょ。そんなんムリですやん。
なのでさむらごっちの経歴詐称がバレた時は「ですよねー」という感想しかなかったわけで。

ホントにMBA持ってる人とかから見て、このアメリカ合衆国熊本県出身のこのお方はどう見えてたのか。そこは興味深々です。
MBA持ちも引っ掛かるような根性入った詐称っぷりだったのか、それとも↑の佐村河内のオッサンみたいに「ねーよ」って感じだったのか。それによってテレ朝とフジテレビの今後の煽られっぷりが変わってくるかもしれない。


まあ、デタラメっぷりが面白かったです。あんまし興味ない業界なので笑って見れるというのもあり。
音楽業界の出来事だったらトバ火山噴火な勢いでキレてたとは思うが。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment