真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

アイリッシュのスケールについて Part2

Part1の続きです


D Mixolydian
D Mixolydian
通常のDと違い、第7音C#が半音下がってナチュラルになっている。その為少し影のあるキーだ。
アイリッシュでこのキーが使われる場合はCとC#が混在していることもある。
"Old Bush"や""Banish Misfortune"などがこのキーとなる。
CがナチュラルになっているのでG Majorと誤認しやすいので注意が必要だ。

同様にAにもMixolydianがある。その場合、G#→G♮となる。この場合、G#とG♮が混在することはあまりない。
"The High Reel"、"O'Rourke's"など。

GのMixolydianは見たことがないような気がするが…。あったら教えて下さいw




A Dorian
A Dorian
ドリア旋法はミクソリディアと同じく教会旋法の一つ。通常のナチュラル・マイナースケールと違って第6音Fが半音上がってF#となっている。"The Gravel Walk"、"The Lilting Banshee"などがこのスケールに拠っている。
余談だがアイリッシュで「A minor」と呼ぶ場合はこのキーを指すことが多い。




E Dorian
E Dorian
Eを主音とするドリア旋法。やはり第6音CがC#へと半音上がっている。A Dorianよりも低音を用いる傾向が強いせいか、重心の低いチューンが多い印象がある。
"Drowsy Maggie"や”"Morrison's"などがこのキー。




最後に、モーダルではないがナチュラル・マイナースケールのキーを紹介する。

B minor
B minor
ナチュラル・マイナースケールはけっこう珍しいが、このB minorだけは例外で比較的よく出てくる。
"The Musical Priest"などで使われている。

マイナー系では他にはD minorがたまに出てくる。"Tam Lin"などは非常に有名なチューンだろう。
しかし、D minorはB→Bb、F#→F♮になるのでノーマルなホイッスル・フルートでは演奏が非常に困難になる。
笛系のミュージシャンがいる場合は出すと白い目で見られることも…。


ざっくり言ってしまうと、ポイントとしてはCにシャープが付いてるかどうか、というところでまずは見分けがつけられる。
D(あるいはコードの構成音であるF#やA)などでチューンが始まるならばD系の可能性が高い。
C#でなおかつG♮ならほぼD Majorとなる。
ベース音やコードではDだけどCがナチュラルならD Mixolydianだ。
G系のチューンだとしたらGのベースかコードが嵌まるはず。
A DorianならAとEが嵌まるし、E DorianならBとEが嵌まる。まずはそこから判断すればある程度見分けられると思う。


もちろん、アイルランド音楽においても他のキーは存在するが、これらのキーを抑えておけばとりあえず問題はない。
たったの7個。クラシックのようにやれ嬰ハ短調だ変ニ長調だ、などとシャープやフラットが5個も6個も付いたキーが…なんてことはあまりない。
後はチューンの冒頭部分に合うベースなりコードを探っておけばキーは確定できる。
もっともチューンの途中でキーが変わるものもあるので油断は大敵だが。
また、このキーはこういうチューンが多い、ということを意識しておくことで各キーの持つキャラクターをある程度把握できるのではないかと思う。

D minorの項目で演奏が難しい楽器がある、ということを書いたが、アイルランド音楽は守安功氏が著書にて記している通り、「全員参加」が一つの原則となる。ここにキーがある程度限定されている理由があるのでは?という気がしている。
現在ならば様々なキーのホイッスルを手に入れることは容易だろうし、現在のフィドル奏者はおそらくある程度のキーに対応できると思う。だからと言ってほいほい他のキーのチューンを作るのは、そういった意味で何かが違うのだろう。


最後に、Michael Colemanのプレイを聴くと上記のスケールから逸脱した音の取り方が散見されることは記しておきたい。
現代の演奏ではあまりそのような例は聴かないが、「古き良き時代」ではキーの捉え方も少し違ったのかもしれない。
或いはある程度クラシカルな音階にアイリッシュの方が接近したということなのかもしれない。
それがよいことなのかどうかは、何とも言えないところがある気がしている。
スポンサーサイト

 フィドル奏法

6 Comments

Smithwicks  

GのミクソリディアはMaids of Mitchelstown、Toss the Feathers(D version)などなど。他にも色々とあると思います。
つまり基音がDで調合がG(#1個)の場合は「Gのミクソリディア」です。ミクソリディア=その調の第5音を基音とするので、Gの第5音は「GABC"D"EFG」で「D」なので、調整的にはDだけど調合はGの場合は「Gのミクソリディア」。
調整的にはAだけど調合はD(#2つ)の場合は「Dのミクソリディア」になります。

2017/12/12 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   

まう  

Re: タイトルなし

うーん。基音がDであればD mixolydianでよいのではないかと思います。。。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%97%8B%E6%B3%95

http://www.geocities.jp/hiropon04/mixolydian.html

http://www.daxter-music.jp/compose-scale/index018.html

http://music.cyberlab.info/scales/mixolydian/

2017/12/12 (Tue) 21:59 | REPLY |   

通りすがりの者  

To Smithwicksさん

通りすがりの者ですがSmithwicksさんのほうが勘違いをされているみたいなので書き込ませていただきます。

>つまり基音がDで調合がG(#1個)の場合は「Gのミクソリディア」です。
〇のミクソリディア、の〇の部分は基音が入るのでここは「Dのミクソリディア」が正解になります。
どのスケールでもそうですね。〇のドリア、〇のフリギア、この〇の部分はそのスケールの基音が当てはまります。

>ミクソリディア=その調の第5音を基音とするので
ここが思い違いの素になっているように見受けられます。
イオニア(つまり普通の長調)音階の第5音を基音(つまりスケールの最初の音)にして音階(つまりGABCDEFのスケール)にするとミクソリディアになる、というのが正しいです。

長文失礼しました。

2017/12/12 (Tue) 23:03 | REPLY |   

まう  

Re: To Smithwicksさん

>通りすがりさん
ご説明ありがとうございます。なかなか詳しくご説明できないもので…w
私も勉強しないとですね。


私も浅学なもので間違ったことを書いてるかもしれません。何か気になる点などありましたらこれからもご指摘いただけますと幸いです。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2017/12/13 (Wed) 20:12 | REPLY |   

Smithwicks  

再びコメントさせていただきます。
先日コメントさせていただいた時のミクソリディアについての解説はComhaltas Ceoltoiri Eireannというアイルランド音楽の国際協会が発行しているテキストに載っていたアイルランド音楽におけるモーダルスケールの解説を参考にして書いたのですが、
Comhaltas Ceoltoiri Eireannのテキストではアイルランド音楽におけるモーダルスケールについては以下のように解説されています。

■アイオニア(イオニア)(Ionian) = Doh Mode (ド・モード)
スケールの第一音目(ド)が基音となるのでド・モードと呼ぶ。
アイルランドの音楽でよく弾かれるキー、つまりDであればレ、Gであればソの音が基本となる。
代表曲はサリーガーデンズ(リール)、ケッシュジグ(ジグ)、ボーイズオブブルーヒル(ホーンパイプ)など

■ドリア(Dorian) = Ray Mode (レ・モード)
スケールの第2音目(レ)が基音となるなるのでレ・モードと呼ぶ。
アイルランドの音楽では、ミの音を基音(シャープ2つ)とするものと、ラの音を基音(シャープ2つ)とするものが多い。
代表曲はDrowsy Maggie、Sligo Maid、Morrison's etc

■ミクソリディア(Mixolydian) = Soh Mode (ソ・モード)
スケールの5番目の音(ソ)が基音となるのでソ・モードと呼ぶ
アイルランドの音楽ではラの音を基音とするものと、レの音を基音とするものが多い。
代表曲はMaids of Mitchelstown、Toss the Feathers、My Love is in America、Bunker Hill etc

それ以外にエオリア(Aeolian) Lah Mode(ラ・モード)があります。

とこういう風にテキストには書かれています。
アイルランドで行われている、アイルランド音楽の演奏試験では、試験官の弾いた曲を聞いてその曲がどのモードなのかを言い当て、さらになぜそのモードであると考えるに至ったのかを答えないといけないそうです。
もし演奏された曲が「My Love is in America」だったとすれば、模範解答は、「演奏された曲はソ・モードで演奏されています。なぜなら調合はシャープ1つで、ending noteはレだからです。」とこんな風に答えればばっちり合格だそうです。

私の最初のコメントもこれのアイデアを参考に書いています。
日本語にうまくなおせていないかもしれないので、興味があればComhaltas Ceoltoiri Eireannが発行しているテキストを参照されてみてください。

2017/12/22 (Fri) 11:18 | EDIT | REPLY |   

まう  

Re: タイトルなし

多忙だったため返信が遅れました。失礼しました。
DEF#GABCナチュラルDがG Mixolydianとなる場合、Smithwicksさんの記載の通りならばRay ModeのEを基音とするキーはD dorian、Aを基音とするキーはG dorianと呼ばれるはすですがあまりそのような例は聞きません(なお、A=ラを基音とするドリアはシャープ1つとなります。おそらく上記の場合A dorianを指すかと思われますが、その際のシャープの数はそのようになります)。

また、Soh ModeというのもMixolydianの呼び名の一つではないかと思います(私が沿う推測する理由は通りすがりの方のコメントを参照してください)。
Soh Mode、Ray Modeという呼び方に使われる言葉は階名(その調性における音と音の関係性を名前で表す)の様に読めますが、D MajorやE dorianなどという調性を呼ぶ時に使われる際は音名(音の関係ではなく絶対的な音の高さを表す)となります。
その点の違いもあるのではないかと考えます。
少なくとも音楽学的にはD Mixolydianと称される調ならばDEF#GABCDの音の並びを指すということになります。

アイルランドならではの呼び方もあるでしょうしCCEのテキストも、いずれ機会があれば読んでみたいと思います。

2017/12/24 (Sun) 21:38 | REPLY |   

Leave a comment