真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽器紹介:Button Accordion 

 

box.jpg
鍵盤ではなくボタンを押して演奏するアコーディオン。その形から「box」と呼ばれることもあります。


・楽器について
いわゆる「蛇腹系」の楽器で、蛇腹を押し引きしながらボタンを押して音を出します。
最も大きな特徴として、同じボタンを押していても蛇腹の押し・引きで音が変わることです。
その為蛇腹を返すタイミングでリズムを作ることができ、チューンの演奏に向いているようです。
フィドルがどんなタイミングで弓を返すかが重要なように、ボックスも蛇腹を返すタイミングは重要なのかもしれません。
写真左側のボタンで主にメロディを、右側のボタンがベース(低音)を担当します。

ブログ主の周りではC#/Dというキー配列のものを使っているプレーヤーが多いです。
Dのチューンが多いし、基本的には#が1~3個ついてるチューンばかりなので合理的だと思います。
D Major以外のキーでもC#の列のキーを使って対応可能です。他にはB/Cというキー配列のボックスもあります。

「一つのボタンで二つの音が出る」という特徴ゆえか、ボタンの数は他のアコーディオンに比べると少なめです。
また、楽器のサイズもピアノ・アコーディオンに比べるとかなり小さいですが、その為取り回しが効きやすい楽器です。
鍵盤だと速い曲を弾くのに手が上から下まで動いて大変ですがボタン式だとある程度手を固定して演奏することができます。
アイルランドのチューンは限定された音域で音が縦横無尽に飛び回る、という感じなのでこの特徴はアイリッシュに向いているのかなぁ、と思います。

b-acc2.jpg

・役割
メロディを担当しますが、ハモリもたまに入れたりします。また、ベースを入れることができる為メロディを弾きながらちょいちょい低音も弾くという、弾いたことがない人間からすると割とアクロバティックな動きをしています。
シャロン・シャノンはベースを一切使わない演奏で周囲の度肝を抜いたとか。
音の高さは基本的にはフィドルと同じです(楽譜で言うと記譜通りの音)。

日本ではそこまでメジャーではありませんが、アイルランドに限らずヨーロッパではアコーディオンはとてもポピュラーな楽器のようです(鍵盤・ボタン問わず)。私がアイルランドに滞在した際は8割くらいのセッションにアコーディオン弾きがいた記憶があります。
安定感のある音色で、かつ運動性能も抜群で、セッションに居てくれるとかなり頼りになる印象ですw
日本でもかなちゃんが演奏しているので個人的に親しみのある楽器です。
アイルランド音楽に導入されたのは比較的新しいようですが、それでもボタンアコの音を聴くとアイルランドの空気を感じられるような気がします。


スポンサーサイト

category: World Music

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tag: アイルランド音楽  ボタンアコーディオン 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://starynight426.blog42.fc2.com/tb.php/2305-9bc5debc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top