真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽器紹介:Irish Flute

flute.jpg
木製のフルート。柔らかい音色がとても魅力的です。


・楽器について
フルート、というと一般的には金属製のキラキラしたものを連想する方が多いと思われますが、金属製フルートの登場は19世紀と、比較的最近のものになります。
昔はフルートと言えば木製で、アイルランドで使われるフルートは木製フルートの一種です。
吹き口に息を吹き込んで演奏しますが、ブログ主は未だにフルートはまともな音が出せません…w他の管楽器は音出すくらいはだいたいできるのですが。
キーはついてないか、補助的に取り付けられているだけで、音程の操作は指孔を塞ぐことによって行います。指孔を半分だけ塞いだり、押さえた指をずらすなどしてスライドやヴィブラートをかけることが可能です(モダン・フルートは全ての穴をフタで塞ぐ為これらの技法による装飾はできません)。
音域は記譜通り、フィドルとだいたい同じ音域です。ただし最低音がD4となります。特殊なフルートでそれ以下の音を出せる楽器もあるかもしれません。

D管が標準的な楽器で、基本的には半音はあまり得意ではありません。多様なキーに対応するためにはキー付きのフルートを使う必要があります。G#、F♮、Bbなどの音を使うキーを演奏したい場合は上手くやりすごすかキー付きの楽器で対応する必要があるようです。


・役割
この楽器もメロディ担当。運指やブレスコントロールでリズムを作り出すことなど、ティン・ホイッスルとは共通点が多く見られる楽器です。
ホイッスルなどと比べると音質が非常に柔らかい為、高音域も聴かせやすい楽器です。カットやロール・スライドはもちろんカフィングという息を強く吹き込んで能管の「うねり」のような効果を出す技法もあります。
ホイッスルと同じく、楽器の先を他の奏者に向けるのはあまりよくありません。それを考慮してか、先が隣の人の耳に向かないように斜め下に向けて構えているフルート吹きをけっこう見かけました。斜めに構えるのがやりにくいという人は隣の人の耳に向かないように座る角度などを調節しましょう。


近年ではクラシックの世界でも古楽器の演奏が盛んになり、木製のフルートも再び脚光を浴びています。
モダン・フルートとアイリッシュ・フルートは比較してみると「全く別!」とまではいかないにしてもかなり異なる「亜種」の楽器です。
モダンの方はクロマティックも容易に奏することができる為、複雑な転調に対応でき、ある程度全ての音を均等に演奏することができます。
アイリッシュフルートはクロマティックはキーがないと難しく、全ての音を均等に演奏することも厳しい点はありますが、だからこそアイルランドの音楽を奏でるのにはモダンよりも適していると思います。


スポンサーサイト

 World Music

 アイルランド音楽 アイリッシュフルート

0 Comments

Leave a comment