Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

吹奏楽部はブラック部活?

吹奏楽部は「ブラック部活」なのか NHK「クロ現」きっかけに議論紛糾 - excite ニュース


ブラック部活の代表と言えば野球部だろうけど、高校野球なんかはプロへの登竜門としての機能もあるように思う(あまり高校野球好きではないが)。
それを考えると吹奏楽というのはどうなんだろうと思う。

管楽器やるのに腹筋バキバキ割れてる意味ってあるんだろうか?
多分使う筋肉違うと思うのだが。地道にロングトーンをしっかりやるとかの方がいいんではないの?
練習も毎日やるのは大事だけど、疲れる練習だけすればいいというもんでもない。
正直吹奏楽部的な基礎練3時間やるより俺の基礎練30分の方が絶対プラスになる練習やわ。
というか芸術ってインプットもとても大事だと思うんだけどそんな360日みっちり練習してインプットする時間あんの?


ていうかコンクールでマーチに血道を上げる意味ってあんの?


と経験者のくせに吹奏楽に厳しいブログ主である。
高圧的な指導者が多いのも個人的にはムカつく。そんな能力ないくせに
そのせいで委縮してしまう子が多いのはかなりマイナスだと思う。


ハッキリ言うが、楽器始めて2~3年の人がミスしたり音程間違ったりするのは当たり前のことだ。
俺なんて今でも間違いまくりだぜ!
そんな子たちのミスを高圧的に説教喰らわせて委縮させた結果、表現することを怖がってしまうようになることの罪深さをそろそろ真剣に考えるべきだろう。

吹奏楽で音楽に出会う子はたくさんいると思う。いわば音楽への招待という機能を持つ部活のはずなのだが、コンクールなどという何の意味もない行事に血道をあげているようでは本末転倒だ。
近年は理知的な指導を行う人たちが大きくクローズアップされるようになってきたが、そういった動きがより広まっていくことを願うばかり。


学生がやる音楽はなぁ、多少無茶苦茶でも楽しければそれが一番いいんだよ!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment