真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

広島カープ優勝おめでとうございます 

 

他球団ファンながら広島カープの動向はけっこう気にしておりました。
意外に福岡ってカープファン多いんです。パはホークス、セは広島という人とか。
ブログ主はお世話になってる人にカープファンがいるのでw

近年は広島はCSにもぽつぽつ出てくるようになり、強くなってきている印象がありました。
しかし、近年の盛り上がりのきっかけは黒田・新井両選手の復帰からではないかと思います。

まぁ、最初はヤンキース20億を蹴って帰ってきた黒田が注目され、新井は割と微妙な扱いだったのを覚えています。
出ていった時に激烈反感を買ってしまったようで。杉内とかに比べりゃマシと思うけど
ついでに言うともうネタキャラとして確立されてしまっていたのもあり、ブログ主も正直広島戻っても厳しいやろ…と思ってました。
ところがどっこい。

素直に凄いと思うし、それでかつ同僚にファンに愛されているのは本当に素晴らしいと思います。
なのに未だに面白画像製造機だけど
広島に戻って幸せそうな新井さんを見ると「ああ、よかったなぁ…」と心から思うし、また阪神時代の経験もヘヴィーだったなりに彼の力になっているのかなと思います。
彼の著書を読みましたが、阪神時代、選手会長時代を振り返って「大変だったがやってよかったと思える」と言える強さも今の新井さんの原動力の一つなのだと思います。

まあ、新井さんと黒田選手が泣きながら抱き合ってる姿は他球団ファンながら非常にグッときたわけでございます…w
本当に優勝してよかったなと思います。
実は新井さんと年齢が近いブログ主ですが、少しは見習わんといかんと思いましたw

緒方監督は去年ケチョンケチョンでした。そこから這い上がってきたのがまた凄い。
去年とかなりやり方を変えたということを本人が語っていましたが、達川光男氏がキャンプの終わりをこう記していたのが印象に残っています。
「柔和な表情を浮かべた緒方監督の横に黒田・新井がスッと寄り添って立っていた。こういう時にベテランが監督の横に立つのは珍しい」
確か新井の2,000本安打の時の記事だったと思いますが、この記事を見た時に今年の広島は去年とは違うかもしれんなと思ったのを覚えています。
緒方監督と柔和、という単語はイメージとして全く結びつかなかったのですが、だからこそ違うと感じました。
ブログ主は采配のこととかはよう分かりませんが、分からんなりに去年はかなりアレだったようです。
そこから優勝まで来た、というのは並大抵のことじゃないし、やり方を変えていくという難しさに挑んだというのは想像以上に大変だったハズです。

広島では街行く人はおろか、警官までハイタッチしてたり、14時間連続で特番やったり、セールで何やったらいいか分からんのでとりあえず食い物も飲み物も無料にしたりと、シャレにならないレベルで荒ぶってるようですがw、それもまたよし、と思います。
前回優勝の時とか俺小学生だったしねぇw

このままCS突破、日本一目指してぜひぜひ頑張っていただきたいと思います。
ホークスはどうなるかなぁ。。。
日本シリーズが両チームだったら西日本限定でクッソ盛り上がりそうだから何とか首位奪還してほしいな。。。


↑Kindleでも読めます。おススメ!
スポンサーサイト

category: スポーツ

thread: プロ野球 - janre: スポーツ

tag: 広島カープ  新井貴浩 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://starynight426.blog42.fc2.com/tb.php/2359-86406e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top