真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽器紹介:Concertina

concertina.jpg
蛇腹を押し引きしながらボタンを押して音を出す、アコーディオン系の楽器。
昔はもっぱら、女性がホームセッションなどで弾く楽器とされていたようですが、現在ではもちろん男性奏者もいます。


・楽器について
コンサーティーナにはいくつかの種類があり、アングロ・コンサーティーナやイングリッシュ・コンサーティーナなどがあります。
アングロ・コンサーティーナはボタン・アコーディオンと同じく蛇腹の押し引きで音が変わります。
アイルランド音楽で用いられるのはもっぱらこのアングロ・コンサーティーナなので購入の際は注意が必要です。
アングロは六角形、イングリッシュは八角形なので外見である程度判断は付きますが、それでも必ずご確認を。
楽器によって固有のキー(調性)があるので、そちらも確認が必要です。

楽器はボタン・アコーディオンよりもなおコンパクトで、携帯性に優れています。取り回しが効きやすいので速いテンポの曲を演奏するのにも向いていると思われます。
小さい・昔は女性が弾いていたということでか弱い印象を受けるのですが、実際はけっこう力強い音がします。アコーディオンとはまた違った音色です。

ボタンの配列が特殊(リヒター配列と呼ぶらしい)なので、慣れるまではちんぷんかんぷんかもしれません。
ブログ主もコンサーティーナを触ったことはありますが、正直ちんぷんかんぷんで…w


・役割
こちらの楽器もメロディ担当です。ボタンアコと同じく重音・低音を同時に鳴らすことができるのでセッションにいるととても存在感のある楽器です。
取り回しが効く、ということでダンス・チューンが得意なのはもちろんですが、エアーなどでも独特な音色で存在感を示す楽器です。

以前NHKで放送されていた番組でキラーニーに住んでいるおばあさんが弾いていたのが印象的でした。素朴で、とても暖かい演奏でした。
アイルランドでもアコーディオンに比べるとあまり見かけませんでしたが、ダブリンのセッションでホストをしていたおばあさんが弾いていたのが印象深かったです。これぞ昔ながらのアイリッシュという感じがしました。
エニスやフィークルなどのクレア地方でもよく見かけました。



コンサーティーナと言えばこの人、ノエル・ヒルの若かりし頃の演奏!
スポンサーサイト

 World Music

 アイルランド音楽 コンサーティーナ

0 Comments

Leave a comment