真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

楽器紹介:Harp 

 

450px-Celtic_harp_dsc05425.jpg
アイルランドの国章にも用いられるアイリッシュ・ハープ。シンプルかつ繊細な音色は聴く人の心を癒してくれます。


・楽器について
現代に於いてはナイロン弦を張ったものが使われています。上部ブリッジの各弦に備えられているレバーを操作して半音上げることができます。これによって調性の変化に対応可能です。とは言え、余りにも転調が多い曲の演奏には不向き。
アイリッシュにはそんなに転調が頻繁に起こる曲はさほどありませんが、ケルト音楽というか「アイリッシュ風」な音楽を演奏する時は転調が多用されることも考えられるので修羅場かもしれません。"You Raise Me Up"なんかは途中で移調(盛り上げる為にキーを半音上げる事)するのでアイリッシュハープでその通りやれば修羅場確定。
ちなみにクラシックで使われるハープはペダルを足で踏んでキーを変えるらしいのですが、近現代の曲は転調が多くてマジで修羅場らしいです。オーケストラのそれぞれの楽器のプレーヤーがその観点から曲を解説する本を読んだことがあるのですが、ハーピストが書いた紹介が愚痴の嵐で笑ってしまった記憶がwいや、大変だとは思うんですがw


・役割
セッションではメロディを弾くか伴奏をするか。正直なところ、セッションというよりは2~3人でのライヴ、あるいはハープのみで演奏されることが多いです。音量がさほど大きくはないことからも、小編成での演奏が好まれるのではないかと思います。
とはいえ、ハープのイメージ通りに繊細かつ透明感のある音色が出るので、セッションの音の中から聴こえてくるハープの音色といのも非常に魅力的です。
アイルランド最大の作曲家と言われるカロランもまたハープ奏者であり、ハープで奏でられる彼の曲には格別の味わいがあります。


ついでですが、昔ハープ奏者の寺本圭佑氏のセミナーを受講したことがあったのでその記事を貼っときます。
近代アイリッシュハープの光と影 その1
近代アイリッシュハープの光と影 その2



"Si Beag, Si Mor"とは「小さな妖精、大きな妖精」という意味です。そんな妖精っぽさを感じさせるハープの演奏です。
妖精というと羽の生えた女の子を連想する方が多いでしょうが、アイルランドの妖精はどっちかというと日本でいうところの「妖怪」のようなポジションのような気がしますが今は気にしてはいけない。
スポンサーサイト

category: World Music

thread: アイルランド音楽 - janre: 音楽

tag: アイルランド音楽  ハープ 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://starynight426.blog42.fc2.com/tb.php/2379-0084ed63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top