FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

帰国

ホステルに戻ったのは深夜1時前。飛行機がダブリンを離陸するのはAM8:30。そこから逆算される起床時間はAM4:30。Oh、モーレツ!
Hughesに行く前にシャワー浴びて、ある程度荷造りはしておいたので後は着替えてちょろっと荷造り軽くするだけではあるんだけど、何とも言えないプレッシャー。
しかも朝4時とかホステルの他の人らは寝てるのでアラームが鳴ったら一瞬で起きてアラームを止めねばならないわけで。

AM4:20。アラームを一瞬で止めて準備開始。東京で一泊するので成田でスーツケースをピックアップして以降のことも踏まえて準備しておく。ロストバゲッジの可能性もあるがな!

朝5時のAir Link 747でダブリン空港へ。
チェックインやら何やらを済ませて一旦外に出てみるともう明るい。
IMG_5393.jpg
高緯度地方なだけあってまだこの時期は昼が長いのです。

ダブリン空港第1ターミナルはボロイ古いといろいろ書きましたが、この3ヶ月の間にいろいろと内装を頑張ったみたいでだいぶキレイになってましたw外見は古いけどまーそれはしゃーない。カフェなんかは第2ターミナルの方が充実してましたがそれはしゃーない。どうせこの時間開いてないし。

離陸の時間が迫って来てボディチェックへ。フィドルが入念に調べられる。ケース開けられて中身も全部出されて金属探知機をくまなく当てられる。わしゃゴルゴ13か。

IMG_5396.jpg
カタール航空、搭乗機は最新鋭のBoeing787。機内設備はさすがのものです。
ドーハ行きの便なのですが超スカスカ。大丈夫かカタール航空。


タキシングを経て、飛行機は急加速。この瞬間は始まりのワクワク感か、終わりの寂しさのいずれかをいつも味わっている。
次、この国を訪れるのはいつになるだろうか。そんな思いを抱きながら離陸を見守っていた。


8時間のフライトだったけど、ブログ主の席の列はブログ主だけなのでゆっくりできて、かつ眠くてけっこう寝てたので割と快適でしたw3ヶ月ぶりのドーハ・ハマド国際空港に到着。

IMG_5402.jpg
どうもアラブ人の感覚はよう分からん。

今回はトランジット時間が8時間。横になりたくてウダウダ。コンセントはあるのでPCを繋いで作業をしつつ、伸びをしつつ、うろちょろしつつw

日本行きの便はJALとのコードシェア便。というわけでもちろん日本人多数。正直言ってパックツアーで来てる人らとは気が合わないなと思う。手を引いてもらってレールを歩くだけの旅行なんて俺はいやだなと思う。人の勝手でしょうけど。
飛行機はBoeing-77L。787に比べると離陸の時揺れましたやっぱりw横に座ってたスペイン人カップルと微妙に仲良くなる。
フライト時間は10時間近い。さっき寝たからあまり寝れないが寝ようと頑張る。



成田の上空に差し掛かると息を飲む光景が。
IMG_5404.jpg
今まで見た機内からの空の中では一番美しかったように思う。日本は夕方。旅は終着点に近づきつつあります。


この分厚い雲に飛行機は降りて行って、やがて着陸。
3ヶ月という長い旅もこれで一区切りです。
スポンサーサイト



 日記

0 Comments

Leave a comment