FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

旅のお役立ちグッズ - 電子機器周り編

594ad39b7ae2ebfd2badfea873cd46d8_s.jpg
スマートフォンは旅に欠かせないアイテムとなりました。通信環境さえ整えてあげればMapに連絡に宿泊場所の確保に大活躍!
だからこそ、きっちり使いこなせるように準備しておきたいものです。


・変換プラグ

アイルランドのコンセントはBFタイプというものになります。電圧は220V。上記の商品は単なるアダプターであって変圧器ではないのでご注意を。近年のスマートフォンやノートPCのACアダプタは100V~240Vの電圧に対応しているものが多い為、変圧器は必要でないことが多いです。変換プラグは2個くらいあるとよいでしょう。ブログ主はそれにプラス後述の複数タイプ対応のプラグも持っていってました。
100Vの電圧にしか対応していない電化製品を使用する場合はこれにプラス変圧器が必要になりますが少々割高になります。日本のドライヤーを海外で使って火を噴いた、なんていう話もチラホラ聞きますので電圧は必ず確認を!
注意したいのがノートPCのACアダプタで、ACアダプタそのものは高い電圧にも対応しているけどコンセントに差し込む電源ケーブル部分は100Vしか対応してないということがよくあります。ACアダプタにも負担になると思われるし危ないのでノートPCを持っていく場合は電源ケーブルの仕様を確認しておきましょう。

ちなみにノーマルの3DSのACアダプタは100Vにしか対応していないので海外に持っていく時はUSB給電ケーブルを買ってモバイルバッテリーから充電してました。



・モバイルバッテリー

ホステルなどに滞在するとベッドの近くにコンセントがないとか、移動が多いと充電する時間がないとかよくあります。飛行機なんかでも充電できる機体はまだ少ないですし。なので可能であれば持って行った方がよいかと。
ブログ主も以前東京でiPhoneの充電が切れて宿が探せなくて困ったことがあったので。実際持っていると意外に使うことが多いです。
ちなみにこういったリチウムイオンバッテリー仕様の製品は飛行機に乗る際は預け荷物にできないことがほとんどです。必ず機内持ち込み用のバッグに入れておきましょう。また、リチウム電池の容量次第では飛行機に持ち込めないこともあります。航空会社によって詳細は異なるのでこちらも確認しておきましょう。
また、リチウム電池は割と寿命が短い為給電容量は減って行きます。古いのを使うとぜんぜん充電できてないやん!ということもあります。


・ゴーゴンタップ

コンセントが少ない環境で役に立つタップ。3系統に分配できます。プラグ差し込み口が少しゆるいですが。


組み替えて9種類のコンセントに使える変換プラグ。使わない時は上記のゴーゴンタップに装着しておくと場所も取らないしなくさない!w
この2つは電源プラグが違う国を行き来する時に役立ちます。アイルランド/イギリスとギリシャを行き来した時はコンセントの形状が違うので便利でした。行く国が1つでもトランジットの空港が行き先と同じプラグとは限らないのであれば何かと便利。
ちなみに2017年のアイルランド行きは行き先は1ヶ国な上にトランジットのカタールも同じBFタイプだったので出番なし…w
でももしもの為に持っておいた方がよいでしょう。



・SIMカードorモバイルwifi
用意しなくても現地でWi-Fiを拾うという手もありますが、可能であれば用意しておいた方がいいです。旅の難易度は半減するんじゃないでしょうか、マジで。
ブログ主のキャリアはSoftbankで、海外でインターネット通信ができるサービスもありますが1日2,600円近くするため、緊急避難用くらいに考えておいた方が無難です。
1ヶ月未満の滞在ならモバイルWifiでも問題ないかと思います。ヨーロッパ周遊ならユーロDATAがリーズナブルだと思います。以前は2G/3Gのプランしかありませんでしたが2017円現在は3G/4Gのプランもあるようです。2Gは日本では既に使われない電波帯域で通信速度も遅めです。Googlw Mapなどを使用する分には問題ないと思います。滞在期間と値段でどちらのプランを使用するか検討すればよいと思います。

1ヶ月以上の滞在ならば現地でSIMカードを調達した方がお得だし、便利だと思います。プラン次第ですがインターネット接続に加えて電話・SMSも使えるのでとても便利です。
ブログ主はMeteor(現在の社名はeir mobileに変わりました)を使ってましたのでそれについては別記事をご覧ください

アイルランドのsim情報

アイルランドの携帯会社はeir mobileの他に3(Three)、vodafone、O2などがあります。3はかなり安価に使えますが電波に難ありです。eir mobileは場所によってはネットの電波が弱いことがあります。vodafoneは電波は強そうです。支払い方法もPre PayとBill Payがあります。
海外でSIMカードを差し替えて使う場合はSIMロックを解除しておく必要があります。ロック解除できる機種とできない機種があるようなので前もって調べておきましょう。キャリア公認でなくてもゴニョゴニョとロック解除する方法もあるようですが危ない橋な気はします…w
また、使用予定のSIMカードのバンド(電波帯域)が使用予定のスマートフォンと適合しているかも調べておきましょう。中には合わないものもあるようです。ご参考までに、ブログ主が使っているのはSoftbankショップで購入したiPhone 7Plusでしたがeir mobileでは問題なく使えました。スマホを購入したキャリアによってはバンドが異なることもあるようですのでご注意を。
スポンサーサイト



 旅行

 海外旅行 変換プラグ バッテリー

0 Comments

Leave a comment