FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

シン・ガッズィーラ見ました

kaiju.png
映画なんて観るの久しぶりでした。ここ数日ネットが盛り上がってたので…w

ブログ主が観たゴジラは84年のやつ、それから「ゴジラVSビオランテ」~「ゴジラVSデストロイア」。「VSデストロイア」を観る前に一番最初のやつを見たって感じです。昭和のやつもちらほらとは観たような。ミニラとかカマキリが出てくるやつとか。

なので全部観たわけではないので過去作との比較をするのもアレなんですが、だいぶ毛色が違いましたね。
というか、書き辛いことではありますがあれは3.11を経験した国のリアリティが投影されてますよね、やっぱり。
以前のゴジラだと群衆が逃げるシーンもどっか牧歌的というか、直接被害に巻き込まれるシーンってあんまりなかったと思います。
まあ、平成になって作られたやつは年末年始に公開されてたのであんまそういうのがリアル過ぎても困るんですがw
そういう意味で、観てて何とも言えない気分になることはけっこうありました。
放射火炎のシーンとか、ブログ主が昔観たやつなんかだと「定番キタコレ!」みたいな盛り上がるところだったんですが、今回のはもう、めっちゃ凄絶でしたね。「うわぁ…」とか思いましたもん。

というわけで、なんだか災害映画を見てるような気分で「シン・ゴジラ」を観たのでありました。というかそういう意図は多分あるんだろうけど。前半は縦割り行政がとかいろいろ言われてましたが、あんなワケワカラン「巨大生物」を前にしてなんとかしようとはしてた印象。あんなもんどーせい、って話でそら国連も核ブチ込めってなりますわ。血液凝固剤なんて解決法考えたのは何というか賭けよねぇ。。。

とりあえず「無人在来線爆弾」は字幕が出た瞬間笑いました。何というパワーワード。
いつもだと蹂躙されてるだけの電車に爆弾積んで突っ込ませるとか、ブッ壊されるだけのビルで下敷きにする、なんてのは「俺たちはやられてばかりじゃねぇ!」という電車・ビルの熱いスピリットを感じました。

何だかんだ言っても平成初期のゴジラって可愛げがあったんですよね、あれで。それに比べると血も涙もない(血はあるっぽいけど)今回のゴジラは怖ぇなぁ、と思ってましたがよくよく考えたら第一作のゴジラも血も涙もなかったわ…w
第一作はまだ爪痕が残ってた第二次大戦、シン・ゴジラは東日本大震災。いろいろと共通点があるように思います。
現実であのような大災害があった後にゴジラを作るのは想像以上に大変だったと思いますが、勇気を持って制作したスタッフの皆さんは凄いなと思います。

そうそう、特撮は凄かった。かなりリアルだったんじゃないでしょうか。映画観慣れてる人はともかく、ブログ主のようなたまに観る程度の人間には「うわすげぇ」という感じでした。日本の映画もここまでできるのね。。。

というわけでかなり見入ってしまった「シン・ゴジラ」。面白かったけど、なんか夢に出そう…w
スポンサーサイト



 日記

 シン・ゴジラ

0 Comments

Leave a comment